41ivhjdcxzl

「管啓次郎は、批評を紀行にしてしまう思想の一匹狼、もしくは詩的なコヨーテだ」堀江敏幸。本と旅をめぐる話題の本が早くも新装版で登場。青山ブックセンター201... 続き

コメント

「でもその無知に抵抗して、願わくは花粉を集める蜜蜂、巣をはる蜘蛛、ダムを作るビーバーのような勤勉さで、人は本を読む」
内田樹さんの思想と対極くらいの勢いで、すっごく一般的でない思想の本。しかし惹かれてすいすい読んでしまった。管さん、すごい。

その他のコメント

本が読めない本好きのための本だ。本好きは、その内容さることながら、実際にその本に出会い、手に取るまで、読み始めるまで、読み終わるまで……読まない時間だって愛おしく感じてしまう人種だろう。
だから、次から次へと読みたい本が、向こうから押し寄せてくる。頼んでもいないのに。手元には、読みたくて仕方ない本が勝手に積み重なり、開いた本はといえば、その一行を理解するのにも、途方もなく時間がかかる。
しかし、読みたい。知りたい世界が死にたくなるほどあるのだ。
そんな、本好きのための本。
本は読めないものだから心配するな。その時々で、気の赴くままに読んだり、読まなかったり。
椅子の上で、本当に旅している気分になった本はこれが初めてだ。どんなガイド本が束になったって叶わない。

そう思って手にしたこの一冊からすべては始まるのです。

読者

06336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb67Icon user placeholderA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f09a422f2 9923 4b4c b36a 2c8b7a1e0881330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f01ed68e2 bf99 42b8 9af2 7f129069674f8886ac39 963c 4bdd 8271 632a2d7186977cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5 16人

管啓次郎の本

文芸翻訳入門 言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち

文芸翻訳入門 言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

めちゃめちゃ面白かった… 「しびれる」言葉がいっぱいだった。 翻訳というのは本当に創意工夫に富んだ行為なのだなぁ。 ついついストーリーだけを読み取りがちになってしまうけど、元の文章は?どう翻訳されているのか?リズムのための工夫は?などにも注目したらもううっとりするくらい文章って魅力的。 言葉は面白い。文章は面白い。 もっともっと文章が読みたい。

2年前

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869A971fc21 d0fd 4075 91fc eb1e666a4995A0cdfa53 e259 4f1c 96c0 2fe3163259e1 11
コロンブスの犬

コロンブスの犬

Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1

まるたろ

好きなことは、何もしないこと

小心者が故の、大胆に全部置いてふらっと遠くまで行っちゃいたい願望が掻き立てられる。超がつくド、インドアなのに。人と話すのも苦手で、自分が何を考え、望んでいるのかすら自分でもわからない。そんな人間ですら、ブラジルに行きたくなってしまって、実は行ってみたら案外生活できたりして、人生なんて簡単に変えられるのでは?と錯覚してしまう。 何事にもとらわれずに、素直にこう進むべき、という自分の気持ちだけを連れて行く旅がしたくなる。

3年前

ろうそくの炎がささやく言葉

ろうそくの炎がささやく言葉

4f0c1db2 02ee 4bf4 b103 14eb1cdcd6f0

めぐ

生身の人間ときちんと向き合えない…

二度の引っ越しを経て未だ私の本棚に並んでいる本のひとつを、久しぶりに手に取った。柴田元幸が訳したEmily Dickinsonの詩(If I can stop one heart from breaking, ...)、訳も含めて大好きで、あの頃の私の支えだった。

4年前