Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51fwmna lll

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。事業計画書から... 続き

コメント

東京・荻窪に開店した新刊書店Titleさんの、
オープンまでの道のり、
そして1年たってみてのお話。

僕も昨年行かせていただいて、
その時に買ったトートバッグを今も使っています。

とてもわかりやすい言葉で、
だけどもしっかりとした信念をもって始められたのだなということがよくわかりました。

本屋さん。
僕もいつか、やりたいなぁ。

読んでいて、日本語がとてもきれいな文章だと思いました。きっと店主さんのお人柄が表れてるんだろうなと思いました。

リブロ池袋本店のマネージャーを辞め、新刊書店を開いた辻山さんの開店エッセイ。持続可能で求められ続ける、ふつうの町の本屋さんとは。

本屋Title、1回目は本こそ買えなかったが、足利で作られた農民ロッソという赤ワインを飲んで帰ってきたことがある。そして2回目は本書の購入し、アップルパイにジュースを飲んだ。どっちも美味しかった。って食の話をしているが、大きな本屋ではないCafe Bar付きの本屋を営業するまでの奮闘記が本書。最近は大きな本屋もそうだが、居心地の良い本屋も大事なこと。各々素敵な本屋を見てきたが、Titleは本書を読んで個性あふれる感じの本屋に思う。ちなみに興味深かったのが『POSレジは使わない』。九州のA-ZとハンズマンではPOS無し経営をしているが、充分な管理ができていればPOSは必要無い。でもクレカは使えるし、決済の切り分けと在庫管理が小回りだからできる業だと思う。

2017/11/20読了
本屋さんという空間が大好きなので、出た当初から気になっていた本。ようやく読めた!辻山さんの丁寧で読みやすい文章で開店までの経緯と開店してからの一年を綴っていて、地に足をつけて、且つ理想は失わずに仕事をすることの難しさと素敵さを同時に読ませてくれる本です。遠方に住んでるけど、いつか「Title」さんにお邪魔して、ゆったりした気持ちで大切に思える本を選びたいなぁ。

読者

1c6950e8 8284 45d8 b3ff 1bb6b48ae277E5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aea6e601ea2 de6f 4c16 b856 ebddb66ba840Aa6356d5 940f 4432 8ab8 208b758f3b041c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01dIcon user placeholderFb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261 41人

新刊

少女手帖

少女手帖

Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778

Lycèe

ただの読書オタク 中学生 (✽´…

2018/01/20 主人公の考え方、行動の移し方 全部が面白かった 読んでよかったってすごく思う

約6時間前

優しい言葉―パンとスープとネコ日和

優しい言葉―パンとスープとネコ日和

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

きっかけは、かもめ食堂の映画を見たこと。そこから、この役者さんたちの出ている映画やドラマを片っ端から見て、この本に辿り着いた。私の家には犬がいますが、ネコもとっても大好きです。手作りのパンもスープも読んでいるだけで食べたくなって、そして作りたくなる。読んでいるだけで幸せになれる本です。私も電車を乗り継いでお寺へ行ってみようかしら。

約24時間前

A481e253 310a 4904 89f1 3afdf1a4b0f6Icon user placeholder9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8