51fwmna lll

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。事業計画書から... 続き

コメント

東京・荻窪に開店した新刊書店Titleさんの、
オープンまでの道のり、
そして1年たってみてのお話。

僕も昨年行かせていただいて、
その時に買ったトートバッグを今も使っています。

とてもわかりやすい言葉で、
だけどもしっかりとした信念をもって始められたのだなということがよくわかりました。

本屋さん。
僕もいつか、やりたいなぁ。

読んでいて、日本語がとてもきれいな文章だと思いました。きっと店主さんのお人柄が表れてるんだろうなと思いました。

リブロ池袋本店のマネージャーを辞め、新刊書店を開いた辻山さんの開店エッセイ。持続可能で求められ続ける、ふつうの町の本屋さんとは。

本屋Title、1回目は本こそ買えなかったが、足利で作られた農民ロッソという赤ワインを飲んで帰ってきたことがある。そして2回目は本書の購入し、アップルパイにジュースを飲んだ。どっちも美味しかった。って食の話をしているが、大きな本屋ではないCafe Bar付きの本屋を営業するまでの奮闘記が本書。最近は大きな本屋もそうだが、居心地の良い本屋も大事なこと。各々素敵な本屋を見てきたが、Titleは本書を読んで個性あふれる感じの本屋に思う。ちなみに興味深かったのが『POSレジは使わない』。九州のA-ZとハンズマンではPOS無し経営をしているが、充分な管理ができていればPOSは必要無い。でもクレカは使えるし、決済の切り分けと在庫管理が小回りだからできる業だと思う。

2017/11/20読了
本屋さんという空間が大好きなので、出た当初から気になっていた本。ようやく読めた!辻山さんの丁寧で読みやすい文章で開店までの経緯と開店してからの一年を綴っていて、地に足をつけて、且つ理想は失わずに仕事をすることの難しさと素敵さを同時に読ませてくれる本です。遠方に住んでるけど、いつか「Title」さんにお邪魔して、ゆったりした気持ちで大切に思える本を選びたいなぁ。

読者

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326136dfb5e0 462e 4a23 bbfd be7d893c8f60Icon user placeholderIcon user placeholder1c6950e8 8284 45d8 b3ff 1bb6b48ae277E5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aea2a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59ddAa6356d5 940f 4432 8ab8 208b758f3b04 43人

新刊

ゆるいつながり 協調性ではなく、共感性でつながる時代

ゆるいつながり 協調性ではなく、共感性でつながる時代

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

SNSの発展により「つながり」とその維持は極めて容易になった。「昭和的強制」の時代は終わり、これからは「ゆるいつながり」が大切になってくる。 そのためには自分を高めること、価値を提供できる自分であり続けることか必要。 佐々木俊尚の「広く弱くつながって生きる」に書かれていることとかなり近い。どちらも2018年3月刊行と同じ時期に出ているのはなんとも興味深い。 実際、仕事に活かせる具体性としては、佐々木俊尚の著作に軍配が上がるが、SNSダメ事例集の豊富さでは、本書もなかなか面白い。

約4時間前

D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a
すべての神様の十月

すべての神様の十月

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/12/14 読了 八百万の神々と人間との関わりを描いた連作短編集。「九十九神」には、ほろっときました。 我々自身、誰かの「福の神」でありたいですね。

約13時間前

A4a242f9 c57a 4e74 a786 7bef9007b9aaD7131e7e 5927 4ce8 9f13 cf2359f258eeC0d7f1f6 fc86 4ddf 9f88 91b5eda7b98c