51shrsvsuel

私の名は、大穴(ダイアナ)。おかしな名前も、キャバクラ勤めの母が染めた金髪も、はしばみ色の瞳も大嫌い。けれど、小学三年生で出会った彩子がそのすべてを褒めて... 続き

コメント

お嬢様のままでいてほしかった。堕ちていく様がなんとも哀れで。
歳を重ねていくと 納得できなかったことや許せなかったことも 執着することをやめられるのかもしれない

その他のコメント

ガールズ・ビー・アンビシャス!な悩める少女たちの自立を描いた物語。
本好きを共通項に仲良くなったダイアナと彩子。ヤンママと二人で暮らすダイアナには彩子の家庭がうらやましくてたまらない。一方で彩子の方も自由でありながら、温かいダイアナの家に憧れる。ふとしたことから、ケンカして絶交状態になり、10年の時を経て再び出会う二人。実は不思議な縁がすでに二人を繋いでいました。少女文学へのオマージュに溢れていて、とてもさわやかな小説です。

真逆のタイプの2人ダイアナと彩子の絆・すれ違い。それぞれのタイプ故の葛藤。どんどん引き込まれた。ダイアナの母ティアラのゆるさも魅力。

読者

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acIcon user placeholderIcon user placeholder66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832dF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c79752939939 fed1 4627 abf9 9bd91dbf6bc9Icon user placeholder 53人

柚木麻子の本

伊藤くんA to E

伊藤くんA to E

8d62f510 4f49 4a54 84bc 37979dc2c35c

T_K_D

下手の横好き。酒好き。

ここ何年かずっと、主にノンフィクションばかり読んでたのだけど、この作品がまた、優れたフィクションはリアルを超えるリアリティを持っていることを思い出させてくれた。

約2か月前

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac03db1d33 cc40 4621 92ad b7dd196c52bb 50
幹事のアッコちゃん

幹事のアッコちゃん

5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2

yukimizuirosuki

じっくり選んでどっぷり読みます

2日で読了。アッコちゃんシリーズはサクサクいける。そして気軽に読める。柚木さんの作品はずっしりとした重いのものが好みだが、それでも柚木さんの本は新刊出た途端買ってしまう。そしてすぐ読みたくなってしまう。

7か月前

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e9 14
ナイルパーチの女子会

ナイルパーチの女子会

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

文庫化を待ち望んでいたので見つけてすぐゲットしました。ちょっと読むつもりが展開が気になって気になって仕方がなく、のめり込むように読んでいました。 心を抉られる場面が沢山ありすぎて書ききれませんが、個人的には栄利子がガラスに映る自分の姿を見つけたところでサアッと血の気が引きました。これまでのシーンを思い返すと全てが違って見え、より恐ろしくなるような衝撃でした。。 栄利子も翔子も求めるものの終着点は同じ。言葉にできない自尊心や疎外感や社会カーストを全て栄利子や翔子が発する言葉、行動で示していて突き刺さりました。本物の衝撃作です。柚木麻子、他作品も読んでみよう。

約1年前

6538c91d a89b 48ad a866 c8fecc9b3607Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bF1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51 48
さらさら流る

さらさら流る

5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2

yukimizuirosuki

じっくり選んでどっぷり読みます

後で一人思い返す宝石のような夜が誰にでもあると思う。そんなかけがえない夜を覆うような染みが突然拡がっていって窒息しそうになりながらも捨てることもできない。 自分もちょうど主人公達と同じ年で生きてる時代もぴったり当てはまり好きな作家の作品でそれが描かれて嬉しく思う。年齢の焦燥感は感じず、どこまでも広がっていく可能性を感じた。 どうにも偽れなくなって沈めていた本当の自分で人と向き合っていく事が一番怖い現実だし、進むべき現実だと思った。

1年前

D46f6615 a04d 44c0 9ee1 e22aa60894efF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184 21