Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51shrsvsuel

私の名は、大穴(ダイアナ)。おかしな名前も、キャバクラ勤めの母が染めた金髪も、はしばみ色の瞳も大嫌い。けれど、小学三年生で出会った彩子がそのすべてを褒めて... 続き

コメント

ガールズ・ビー・アンビシャス!な悩める少女たちの自立を描いた物語。
本好きを共通項に仲良くなったダイアナと彩子。ヤンママと二人で暮らすダイアナには彩子の家庭がうらやましくてたまらない。一方で彩子の方も自由でありながら、温かいダイアナの家に憧れる。ふとしたことから、ケンカして絶交状態になり、10年の時を経て再び出会う二人。実は不思議な縁がすでに二人を繋いでいました。少女文学へのオマージュに溢れていて、とてもさわやかな小説です。

その他のコメント

2人の少女の出会いから大人になるまでの様々な関係の変化、それぞれを取り巻く環境の変化がリアルに丁寧に描かれている。

お嬢様のままでいてほしかった。堕ちていく様がなんとも哀れで。
歳を重ねていくと 納得できなかったことや許せなかったことも 執着することをやめられるのかもしれない

読者

Lbb1pwey normal54a51465 14d6 42c0 a5f8 f0d9cde19a7e1c314e68 36e6 408e 99b7 bc613b015fb8Icon user placeholder0a084b3e 3ba9 498b 88f5 64a4294c18feF7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda82D9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb2396581Icon user placeholder 26人

柚木麻子の本

さらさら流る

さらさら流る

Pezht4zp normal

yukimizuirosuki

歌う、笑う、音楽すき

後で一人思い返す宝石のような夜が誰にでもあると思う。突然そんなかけがえない夜を覆うような染みがどんどん拡がって窒息しそうになりながらも捨てることもできない。 自分もちょうど主人公達と同じ年で生きてる時代もぴったり当てはまり好きな作家の作品でそれが描かれて嬉しく思う。年齢の焦燥感は感じず、どこまでも広がっていく可能性を感じた。 どうにも偽れなくなって沈めていた本当の自分で人と向き合っていく事が一番怖い現実だし、進むべき現実だと思った。

約1か月前

4daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2 13
BUTTER

BUTTER

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

こってりしたものが食べたくなると聞いていましたが胃弱なのでなりませんでした。 かつての、と思えるようになっていたいけど、まだまだ今の自分を見ているようなところもある。 でも描かれている大体の食べものはもう想像出来るかなー。

10か月前

147378e9 90c6 484e 9d39 f8a45bca7097D7b9abe6 fd27 4031 a507 7e3ef172a8dd4daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0 61
伊藤くん A to E

伊藤くん A to E

6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376

tomo

本が大好きです。

どこがいいのかさっぱりわからない伊藤くんの周りにいる女性の話。 柚月さんの作品は、女性のえげつなさが痛々しいまでにリアルに描かれていることが多く、途中でちょっと苦しくなってくることもあるのだが、この話の中にもそんな部分も出てくるが、「煙たい後輩」よりはまだライトかなと思った。 伊藤くんは停滞したままで、何も変わらないが、その周りの女性たちはもがきながら、無様になりながら、自分と向き合って前に進んでいく、女性の強さと美しさに痺れるそんな本だと感じた。

11か月前

Icon user placeholderFb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5Icon user placeholder 12