Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
416e0iybkfl

OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。そ... 続き

コメント

ぐっとくる言葉が散らばっている、言葉っていいなって感じられる本。
“困難に向かい合ったとき、もうだめだ、と思ったとき、想像してみるといい。
三時間後の君、涙がとまっている。
二十四時間後の君、涙は乾いている。
二日後の君、顔を上げている。
三日後の君、歩き出している。”

スピーチライターとして成長していく、こと葉。
言葉によって
誰かの心を動かすということは、難しく、そしてなんと強烈なことであろうか。

最近、心を鷲掴みにされ、揺さぶられたことがないなあという人にもオススメの一冊でした。

この本で原田さんの作品が好きになった!!

スピーチレクチャーも入っているのでビジネスにも役立ちそうだし
お仕事要素だけじゃなくて、恋愛、友情もあり
ホロっとする。

為になって、前向きな気持ちにもなる清々しい作品でした

途中、話の展開にリアリティーを感じ辛い部分もありましたが、言葉の力をまっすぐ信じる主人公にぐんぐんぐんぐん引き込まれました。

美しい言葉を伝えられる人間は美しい。それはきっと言の葉には魂が宿るからこそ。

仕事が人間をつくる。

心に優しくささる言葉がたくさん詰まっている小説だった。
名言がたくさん。

読みながら頭の中で映像化されていってスラスラ読むことができた。
また一つ、大事にしたい本が増えました。

何度も涙が溢れた。
人を揺さぶる武器にもなり、背中を押してくれる言葉。。私達が毎日使う言葉で傷つき、励まされ、幸せを感じるのだ。
スピーチライターという仕事、営業の私にも通じるところあり。ありがとう。ここのみんなのコメントで素敵な本に出会えました。

勉強にもなるし、感動もするし、素直にもなる。
得るものが沢山散りばめられた素敵な本でした。

血は繋がって無くとも家族の様に相手を思いやる。

もう一度読み返してみたいと思います。

言葉を大事にしたい。
せっかく日本に生まれたのだから、素敵な日本語で伝えたい。

困難に向かい合ったとき、もうだめだ、も思ったとき、想像してみるといい。三時間後の君、涙がとまっている。二十四時間後の君、涙は乾いている。二日後の君、顔を上げている。三日後の君、歩き出している

何かを始めようとする人、迷っていることがある人にオススメしたい。
言葉の上手な使い方のヒントが沢山詰まっている。

大舞台だけでなく、いつも「言う」より「伝える」人にでありたい。琴の音に言葉をのせて…
それが私の名前の由来。
この本に出逢うチャンスをありがとうstandのみなさま。

結婚式で始まり、結婚式で終わるのがうまい。
読みやすいし、自分の生き方にも響くような素敵な言葉が散りばめられている。

作中の民衆党はきっと民主党をモデルにしていて、どうしてもあんな人やこんな人の顔が浮かんでしまったのが残念といえば残念。
ドラマで見たいな。配役を考えるのが楽しそう。

言葉の大切さ、聞くということの大切さを学びました。
これからは話の中に込められた想いを逃さず聞き取れるようになりたい。
登場人物もすごく魅力的でした。

久しぶりに小説を読んで、とても心に刺さった本。
とても温かく、強い気持ちになれました。何回も泣けた。。登場人物みんながステキな本。

通勤中に読んでいたけど毎回涙をこらえるのが大変だった
聞き上手になりたいなまずは

"話すために、聞く。そういうことなんだ。" - P134

言葉が持つ力を改めて感じる事が出来る本。面白い。

作中のスピーチで不覚にも涙が出てしまった。

言葉には様々な可能性があり、その力を自分の周りに昇華させようとひたむきに努力をする主人公は魅力的だった。

ストーリーとは関係ないのだが、作中の民衆党は恐らく民主党なので複雑な気分になってしまった。

大好きな本に出逢いました。

もし読むか悩んでいるなら
今すぐ読んでほしい。

『ことば』
が持つ可能性をあらためて
感じることのできた作品でした。
良くも悪くも。

そして、OLがひょんなことから
スピーチライターという道を進んでいく
ほっこりあたたかく
目頭が熱くなる感動の物語。

ここから下はメモです。
ネタバレがあるので見たい人だけ見てください。

スピーチは1人でも多くの聴衆の耳に入って初めてスピーチになる。1人でも多くの心をとらえてこそ、スピーチは完結する。

・静
スピーチの原稿を始める時、スピーチをはじめるとき。心にこの文字を浮かべる。それが基本。
あくまでも、静かに、けれど心を打つ入り口を作る。
・披露宴のスピーチはメモを読まない。
ゆっくりしゃべって5分
・決して最後まで泣かないこと

言葉っていうのは魔物だ。
人を傷つけも、励ましもする。

聞くとは、話すことよりもずっとエネルギーがいる。だけどその分、話すための勇気を得られる。

聴衆に向かって最初に問いかけるのは、聞く者の興味を喚起するのに最も効果的なスピーチ手法

答えて欲しいことと真逆ここおをわざと問いかける

ディベートのときは、できるだけ具体的に例を盛り込む

困難に向かい合ったとき、もうだめだ、と思ったとき、想像してみるといい。3時間後の君、涙がとまっている。二十四時間後の君、涙は乾いている。二日後の君、顔を上げている。三日後の君、歩き出している

ほんとうに弱っている人には、誰かがそばにいて抱きしめるだけで、幾千の言葉の代わりになる。そして、ほんとうに歩き出そうとしている人には、誰かにかけてもらった言葉が何よりの励みになる。

言葉には色んな可能性が秘められているということ。人を優しい気持ちにさせたり、感情を高ぶらせたり、、
自分もそんなふうに、、!と希望がもてる。

読者

5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fIcon user placeholderB5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849Ddf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826beF64329d3 724a 460d a6ca beeb1c59dec8Icon user placeholderIcon user placeholder34e5be88 bfe9 4156 9130 0b9be3bf65ae 154人

原田マハの本

奇跡の人 The Miracle Worker

奇跡の人 The Miracle Worker

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

三重苦の少女と教師の物語はヘレン・ケラーとアン・サリバンをモデルにしているのだけれど、舞台を日本にし、作者の丁寧な感情表現によって、オリジナルの素晴らしい力強い物語になっている。泣きながら読んだ。

約2時間前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849
まぐだら屋のマリア (幻冬舎文庫)

まぐだら屋のマリア (幻冬舎文庫)

B8918db7 2c79 4ec8 b725 dc6dcb93698d

Inatactac

東京駅の丸善がホーム

母の愛は無償の愛である。 これに尽きるだろう。 職場の母、第2の故郷の母、心の母、聖母、実の母。 1人の若者の素直で複雑な心の動きを通して、色々な無償の愛に触れる。 ただ、常に自分に向いているのは、実の母の愛である、そう感じた。 常に自分がどこか正しいと信じてくれる。 誰が自分を責めても信じてくれる。 時に裏切っても信じてくれる。 実家に帰るかな、とりあえず。 飯でも食ってやるか。

1日前

あなたは、誰かの大切な人

あなたは、誰かの大切な人

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c

ハイパラ

週に1冊、年間で50冊くらいは読…

孤独を伴いながらも、私たちは一人で生きているわけではないのだ、と。一編ごとにそれぞれ秀逸!沁み入る感じは作者ならでは。好きなんですよね。

4か月前

B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af8490cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c18Icon user placeholder 34
夏を喪くす

夏を喪くす

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

読み応えある短編集。キャリアを積み、仕事も夫も恋人も手に入れた女性たちが思わぬ異変にぶち当たる。20代も30代も40代も人生のターニングポイントがあって、どんな状況であれ前向きになる勇気を持てる主人公たちは強いなぁと思いました。完全な結末は描かれていないため、ある意味清々しい。

4か月前

B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849811fbc55 7a7c 4a1e ab1c 69693b5ae14cPicture 19