Btn appstore Btn googleplay
416e0iybkfl

OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。そ... 続き

コメント

言葉の持つチカラってすごい。
でもそれは、話す人の体験や、想いや、それによって何を伝えたいか、
っていうところが加わって、初めて相手の心や魂を揺さぶることが出来るんだな、と思う。
前を向いて、ただまっすぐに。

その他のコメント

ぐっとくる言葉が散らばっている、言葉っていいなって感じられる本。
“困難に向かい合ったとき、もうだめだ、と思ったとき、想像してみるといい。
三時間後の君、涙がとまっている。
二十四時間後の君、涙は乾いている。
二日後の君、顔を上げている。
三日後の君、歩き出している。”

スピーチライターとして成長していく、こと葉。
言葉によって
誰かの心を動かすということは、難しく、そしてなんと強烈なことであろうか。

最近、心を鷲掴みにされ、揺さぶられたことがないなあという人にもオススメの一冊でした。

読者

Ac1d5f94 b6a9 40e6 b076 dbc4248fdcf3Icon user placeholder533fd91e 903b 4ff6 bc8a fb0fb706323bIcon user placeholder4c5117c1 f31d 4270 9941 a4a8ec573e286dbdc6a4 9d7e 4688 a23d b7db3958e1b54c00eefb 1a6f 4d4b a49f 2d2d9bbaeb4f387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f 290人

原田マハの本

美しき愚かものたちのタブロー

美しき愚かものたちのタブロー

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

なんで美術の教科書は、こういうことを教えてくれなかったのだろうか。本の中で、絵画との接し方を松方幸次郎に教えてもらった気がする。とりあえず西洋美術館でやってる松方コレクションを観に行かねば。久しぶりに睡蓮を観に川村記念美術館にも行きたくなった。でもやっぱりパリにも行きたい。。。

6か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderDdf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be 24