41eocg9iffl

1999年9月に起きた茨城県東海村での臨界事故。核燃料の加工作業中に大量の放射線を浴びた患者を救うべく、83日間にわたる壮絶な闘いがはじまった-。「生命の... 続き

コメント

1999年9月30日、茨城県東海村の核燃料加工施設「JCO東海事業所」で起きた国内初の臨界事故。会社が安全教育や監督を怠たり、会社承認の違法行為「裏マニュアル」によって放射線被曝してしまった大内さんの83日間にわたる壮絶な闘病記録。
放射線被曝が人体に及ぼす影響の惨たらしい事実が分かります。

茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大内研究開発センターで発生した被曝事故が発生した事で、あらためて手に取った一冊。
是非読んで貰いたいです。

東海村の臨界事故被曝患者の記録。

淡々と、そして次々と、残酷な現実が押し寄せる。
かなり初期の段階から、救いようがないことを突き付けられる。

人間の人間たる機能の根本的な破壊の恐ろしさに、
大袈裟ではなく戦慄させられます。

読者

670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb8582f8fb362 ea7d 4890 b6b8 cf4884d5dc9f840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 3人

ノンフィクション