412ht9p avl

李光洙は韓国の夏目漱石である。近代文学の祖とされ、知らぬ者はいない。韓国併合前後に明治学院、早大で学び、文筆活動を始めた李は、3・1独立運動に積極関与する... 続き

コメント

「民族の裏切り者」はどんな植民地空間を生きたか。理想、希望、現実、挫折、弱さ。いま韓国で流通している脱色された義士たち、銅像になった「ハルモニ」よりも、この本の李光洙は、私の一番近くで、一番厳しい眼を私に向けている気がした。彼を長年追ってきた気鋭の研究者による新書。

読者

1cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d

新書

外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か

外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か

C1291839 a67e 4d88 a6b2 5a1f85ca8f4a

shuji 理学療法学生 トレーニー

いろんな論文と本を読んでブログに…

この本における重要な点は2つある。 1つ目は、基本的な文法・単語をインプットすること 2つ目は、定期的にアウトプットっすることである。 当たり前のことで、さまざまな本においても見受けられるが、この本の特徴は、それが科学的に証明されていることを、教えているところ。 自分の日々の勉強を見直していきたい。

12日前

Ac1d5f94 b6a9 40e6 b076 dbc4248fdcf3Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e91a7aa297 acc0 43ef bf12 af61953575cd 15