511tjt%2brxal

コメント

高校生の時に当たった、
映画『サマータイムマシン・ブルース』の試写会。
これが僕と劇団ヨーロッパ企画の出会いでした。

09年『曲がれ!スプーン』の映画化がキッカケで、
本公演を毎年観に行くようになりました。

すでに10年以上応援し続けているヨーロッパ企画。
先日、昨年の本公演作である今作(作・演出 上田誠)が、
「演劇界の芥川賞」とも言われる「岸田國士戯曲賞」を受賞し、
戯曲がめでたく書籍化されました。

過去には三谷さんが『オケピ!』で同賞を受賞しており、
わが家に2冊並べられるのは幸福と言う他ありません。(ちなみに『オケピ!』の戯曲は希少本です)

タイミングよく現在は、
上田さんが脚本を手掛けた、
映画『夜は短し歩けよ乙女』の公開中。
そして僕は書店員(新刊に異動したて)。

この好機逃してなるものか!

本日またもや文字びっしりのPOPを作成いたしました(笑)

物語の舞台は、近未来の大阪。
通天閣のたもと、新世界の一角。

ドローンや人工知能、
シンギュラリティなど、
最近話題のSF的要素をふんだんに盛り込んだ、
だけどもどこかノスタルジーを感じる、
ヨーロッパ企画初の関西弁コメディー!

09年より毎回一緒に観劇しているY氏が、
「はじめてDVDになったら欲しいと思った」と
大絶賛の今作。
活字になってもそのおもしろさは、
串カツのソースのように薄まりません!

爆笑必死のSF新喜劇、ぜひご覧ください!

読者

C884075b 2545 45fd bfa7 4779d2f2e5f4A26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67ebDd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f 3人

新刊