51f80ta87pl

「僕、51歳、福岡出身。M子、31歳、茨城出身。東京で出会った」 東京で家族を失った男に、東京でまた家族ができた。 夫は、作家で演出家で俳優の51歳。妻... 続き

コメント

声だして笑って、勝手に寂しくなって、そういう本。

よい。また読もう。

その他のコメント

生きるのが下手なことにかけては日本でも有数の人であろう松尾さんの、比較的平穏な側面を切り取った本だと思う。孤独というものは過剰に持ち上げられがちだけど、最終的にはやはり人を蝕む毒なのではなかろうか。
シャレにならないシリアスな出来事は絶えないのだけど、それでも誰かと共に生きることはきっと幸せなことなんじゃないかと、そう感じられる。

再婚してから、作品の質も復活したし幸福そうなので、良い出会いだったのだなあと思います。ゆっくりと良い闇を歩いて行ってください。

読者

5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beDa825555 b32d 41bf 8dfb c9cc0e6f743cF3bb3eed 318e 496b 8ada 1303c7daa60a991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269Babf2a4e 1ede 4701 8008 e008892d800eE8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c0e34008d b593 4059 8ac2 f413ea08158f 32人

松尾スズキの本