4182m1qjxjl

幾千年かの歴史の中で、人間というものはどれだけ進歩し、どれだけ洗練することができたのだろうか。下宿先のおしま婆さん、自転車屋の勘さん、帝大生の古木君、実業... 続き

コメント

「本郷信楽町」という架空の町に住む主人公と、ご近所さん、学友たち。中島京子の『小さなお家』が女性の見た戦前東京郊外だとすれば、ここには、まだ何かを探している、大人になりきれない男の戦前の東京旧市街がある。

読者

17d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af91cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d

吉田健一の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

5か月前

9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder 25
文学の楽しみ

文学の楽しみ

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869

Shota Takai

文学、アート、技術関連を中心に本…

嫌なことがあって酒を飲んで忘れる代わりに、自分にとっては本を読むということがあるのだなあと思った

3年前

英国の文学

英国の文学

D9daf4ff 4a98 4411 8e58 8f38e57beaff

miura

単なる英文学案内ではない。英国人の感情と感傷を論じている辺りが、ポイントかと思う。

約4年前