51x6xstzsql

13人の運転手を見つめた、現代日本ノンフィクション。妻に逃げられた元ホームレス・石原裕次郎に「タメ口」をきいた男・気の優しい、いじめられっ子が持つ誇り…。... 続き

コメント

通り過ぎていく多くの人々。
その大半は自分とは関わり合いののない人間。それでも一人一人が生きていて、浅くも深くもある人生を送っている。
当たり前のことだがそれを再確認してくれる一冊。

切なさ200%…。13人のタクシードライバーを見つめた現代日本のノンフィクション。第13回新潮ドキュメント賞候補作。著者の視点に『断片的なものの社会学』に通じるものを感じた。

読者

Da0fc94d cab2 456e 95d5 cf0e660535d87096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848aC64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947bEf4ffbd6 c450 4396 9082 efc282d86408 4人

山田清機の本

東京タクシードライバー

東京タクシードライバー

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

タイトルに惹かれて読んだ「東京湾岸畸人伝」が非常に面白かったので一作目のこれも手にとってみました。 タイトルのとおりタクシードライバー12人、タクシー会社の女性社長1人について、現在の職に至るまでの経緯をまとめたノンフィクション。 恐らくもっとたくさんの人を取材して厳選したのだと思われる力作。淡々とした語り口で描かれる一人一人の人生のストーリーに知らず知らず引き込まれてしまう。 思えばなんとなく大学を出てなんとなく会社に入ってそこに四半世紀いるだけの自分の人生がなんとドラマに乏しいことか…。これはおすすめ。

約2年前

F1dab0ea 712f 48df 8b67 a669ab6f5365Bffb4b43 1e2d 44db 8d0f 78b57517de59
東京湾岸畸人伝

東京湾岸畸人伝

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

タイトルに惹かれて。エキセントリックな人ばっかりのルポタージュじゃないかと思って手に取りましたがかなり真面目な内容。 築地の仲卸の番頭さんから始まって東京湾をぐるっとまわる感じで無名の人のさまざまな生き様が描かれてるんだが、どれもかなりグッとくる内容。 いい意味で期待を裏切られた感があります。 これは強くお勧めしたい。

約2年前