31zvelq1lsl

コメント

こんな名作を、今まで読んでいなかったことが恥ずかしい。

泣いた、泣いた。100ページ近く泣きっぱなし。

ボクが生まれてから、そしてオカンが死ぬまでを描いた作品。
ボクとオカンの、「親子」として、「家族」としての関係を温かく綴り、ボクはオカンを見送っていく。
そして、時々オトン。
誰しもが複雑な想いを抱いて、それでも愛する人のために、身を砕く。
母の無限の愛を感じる作品でした。

読み終わってから、お母さんが体調の心配をしょっちゅうしてくれることを思い出して、また泣きそうになった。

その他のコメント

この本を読む人が増えたら、日本はきっと、もっとちょっと、あたたかくなる。

高校の時付き合っていた彼が課題で書いたこの本の読書感想文をなぜだか私がもらった。
誤字脱字の多い感想文だったけど、私もその後この本を読んで家族について、彼の感じたことが分かった気がする。
そういう思い出。

読者

F76b7470 f449 4b91 aa64 c9ef4fc60f546bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d062b3299e3 3f9d 4812 a9c9 d0a1a71dc7ec0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cIcon user placeholder88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d1f76c422 1274 4b0a b8f1 3490f79bd3e9 44人

リリー・フランキーの本

増量・誰も知らない名言集

増量・誰も知らない名言集

D537d324 5b57 4281 92af 0b4829be4e52

お茶子

本がたくさん並んでいるのが好き

イラストの入っていないほうである。 この中で一番心に残った名言は「消しゴムちょーだい」である。 そこだけでも読んでもらいたい。 そうしたら、たぶん最初から全部読みたくなると思う。

11か月前