61g%2bb bf pl

コメント

新海誠監督のアニメ映画『君の名は。』で美術(背景)を担当されていた作家による、ちょっと古い東京の店を描いた作者曰く絵本。建物はデジタルの処理が必要あれど、水彩画で丁寧に描かれている。最終章ではアトリエのページがあり、作業場や描き方や道具も紹介されているのが興味深い。文は日本語と英語で併記されているし、カバーの裏には店構えに出た物件の地図も付く。どの建物も大きな建物ではなくこじんまりとしてるものの、レトロ感溢れている店たちだ。

読者

Ceee7ead 53b4 4e8b 94bf b91e95ea3dd6A06aef63 48af 444d a3ee 68052ecb59aaA9b1d7d9 5701 45cf 84e1 8d75a036696d08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c0fc96b36 a53e 4b0c 9d40 6a31149025fdIcon user placeholder79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Cb3ec08f 0299 4ce8 9286 91e21624b74b 13人

アート

グスタフ・クリムトの世界-女たちの黄金迷宮-

グスタフ・クリムトの世界-女たちの黄金迷宮-

6d982d29 81f1 4766 a35b 260c0fe7bfe0

Leon Montana

1年で400冊読む!【2019.…

女性の肉体的美しさと精神世界との2面性を描いたクリムト。 「黄金時代」の平面的・装飾的美しさに惹かれます。 初期のアカデミックな作品や並行的に描いた風景画、後期の多彩な色彩の肖像画など異なる作風も良いですね。 男をほとんど描ない(シューベルトの肖像画等は例外、基本的には後ろ姿のみ)のも共感できます。 個人的には表紙にもなっている「水蛇」シリーズが一番官能的かつ幻想的な感じで好きです。

7日前

デュシャンは語る

デュシャンは語る

08501375 464b 47c9 88b3 a9e0ed2e7343

ぐーるど

定年過ぎても勤めから解放されない…

こちらは対談なので、もっと気軽に読める。で、デュシャンが何を考えていたのか、何をしたくなかったのか。カバーの後ろにはさも革新的芸術家!みたいな解説があるけれど、結局、自由な高等遊民芸術家。そしてその思索は知的でクール。

16日前

Ebaa1b06 d245 4a4a 8a19 a4ba564fedef1fec7c92 782f 45e7 9759 3d94af3e93ef50592606 6c0f 453d 89f7 e97110e4d3be 13