518iv0snrkl

明治維新から第二次世界大戦、バブル、地下鉄サリン事件、福島原発事故まで、帝都トーキョウに暗躍した謎の男の無責任一代記! 滅亡する東京を予言する一気読み必至... 続き

コメント

楽しめました。江戸、東京の地霊に憑依された人々が、年代順に登場して、1845年から2011年の東京を描いた小説。歴史的な事実とフィクションが混ざり合い破滅へと向かうのだけど、終わりに向かうほど、混沌としていくスピードが増して、気持ちいい。

読者

17d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9

奥泉光の本

ビビビ・ビ・バップ

ビビビ・ビ・バップ

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

もうお腹いっぱいです...読み終えた後の満腹感が尋常じゃない。SF的トピックがこれでもかと出てくる。それに奥泉光の趣味(ジャズとか落語とか二十世紀文化とか)が加わるので、もうテンヤワンヤのお祭り騒ぎである。 コンピュータと人間の対立はいつか現実世界でも起こりそうである。そんな時に生き残るにはどうしたら良いか、考えるきっかけになる本。と書けば真面目な小説な感じがするが全くそんなことないので、このお祭りを思う存分楽しみましょう。 『鳥類学者のファンタジア』との関連が深いので、先に『鳥類学者の〜』を読んだ方が楽しめると思います。 中身には関係ないけど、この本、厚さの割にとても軽い。最近の技術はスゴイですね。

約2年前

38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823Ce6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3Ef4ffbd6 c450 4396 9082 efc282d86408
シューマンの指

シューマンの指

F1c738f4 a243 4dce b45f 305f254b16f9

莉美

読書が好き

最後の妹の手紙で一気にぐらりとなりました。今まで読んでいたものはなんだったのか… 2016/10/26

約2年前

5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2F31dc9b8 954e 4d4f 8612 66fea9482b2b7f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f0 9
鳥類学者のファンタジア

鳥類学者のファンタジア

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

これはジャズだ。小説でジャズを演奏することは可能だったのだ。 特徴的な文体さえ身体に合えば、あとはただひたすら引き込まれていくばかりである。しかしこの文体によってジャズの前にクうようなリズムが表現されている。そしてスウィングによって物語の細部をしっかりと見せながら、見せ場では言葉の奔流によってソロのように畳み掛けるのだ。 ストーリーは壮大です。もうそれはすごいくらい。

約2年前

39daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71e39ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0A8282134 6602 4dc0 bd5c f6efb8678650