51ac7xwg4zl

コメント

仕事の定年を間近に控えた滋賀の女性が東京にやってきてすぐにスリに合い、それから色々あってたどりついたのが近江寮という宿泊施設。主人公は寮の管理人の女性や近江寮を利用している人たちとやりとりしながら寮に住み、しだいに食堂のおばちゃんのポジションに落ち着きます。管理人の女性や寮の利用者においしい料理を出したり、悩みを聴いたり。東京に来ているらしい旦那さんの行方も過去の思い出を確かめながら探します。主人公が探していたのは何なのか。仲間や旦那、自分がやりたいこと、そして生きる場所。主人公の願望が最後に成就する感じ。幸福感で満腹な気分になる小説。

読者

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

文芸

夢幻諸島から

夢幻諸島から

0b40987d 47a2 46e4 a868 7580bb71108b

wolfgang

海外のSF、ホラー・幻想小説、ミ…

時空の歪みのせいで地図が作成できない多島海。そこに混在する数千の島々のガイドブック、という体の本書。 何々島の風土はどうで、通貨はこうで、と、初めは不思議な島のるるぶ(笑)を読んでいるような感覚が心地よい眠気を誘いますが、1/3程読み進めると、ある一つの事件と、その真相が浮かび上がるという作りになっています。 大枠としてはSFですが、難解な科学用語はなく、むしろミステリに近いかと。

約9時間前

C185b318 7834 49ce bbf1 898607cc0fb17eea9519 6f57 41e9 a60b d25374c2ec9e
ガソリン生活

ガソリン生活

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

ミステリー中毒だった自分に、ホットさせる一冊。生きているものは偉いわけでもなく、人間の手で熱意を持って生み出され、愛情をかけて大事にされたモノであれば、心はあるのかもしれない、 なあんて幻想もさせてくれる。 弟のりょうがユーモアにあふれる、かしこい子供で、発言や行動のたびに見入ってしまう。

1日前

F0481dd6 d29c 49a2 a268 34f8498069883acd53d0 50f4 46ba 9163 55fea0559179Edb188ea 78d9 4fe4 a7c2 f8b29dd63ff5 64