51ac7xwg4zl

コメント

仕事の定年を間近に控えた滋賀の女性が東京にやってきてすぐにスリに合い、それから色々あってたどりついたのが近江寮という宿泊施設。主人公は寮の管理人の女性や近江寮を利用している人たちとやりとりしながら寮に住み、しだいに食堂のおばちゃんのポジションに落ち着きます。管理人の女性や寮の利用者においしい料理を出したり、悩みを聴いたり。東京に来ているらしい旦那さんの行方も過去の思い出を確かめながら探します。主人公が探していたのは何なのか。仲間や旦那、自分がやりたいこと、そして生きる場所。主人公の願望が最後に成就する感じ。幸福感で満腹な気分になる小説。

読者

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

文芸

他人の顔

他人の顔

A28011f6 5568 4051 b8ee cc1699a8420c

m

本と旅に出ます。

終始不気味な空気が流れ続けているのは、顔を失ったことで世間から遮断されてしまった主人公の居心地の悪さの追体験か。 しかし都会で生活していると、他人は自分にとって単なる鏡に成り下がりがちだと思う。 言いたいことは大体、解説で大江健三郎が言及してくれていた。 映画版の武満徹による劇伴が素晴らしい。

約5時間前

78690c40 ddcf 4c45 b33e 88da43374341694e7e19 4f99 4cea 8f78 73dd7e9aae00Fb5c2ce3 4f84 45b0 ab32 3504621bb103
……なんでそんな、ばかなこと聞くの?

……なんでそんな、ばかなこと聞くの?

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

まず、この時期に読めてよかったなぁと思いました。高校生のひと夏の恋のお話ですが、お盆の時期に読めたのってかなりタイムリーだなと思いました。 主人公はとっても鈍い男子高校生。物語は彼が生き返るところから始まります。そんな彼のそばで大人しくもずっとそばにいいて支える幼馴染のちょっと変わった女の子との恋物語です。 主人公同様、私もかなり鈍いらしく、ラストがどうなるのかずっと切なくなりながら読んでました笑 「…なんでそんな、ばかなこと聞くの?」女子高校生に表紙の顔で言われたらキュンとしちゃうよね笑

1日前

43cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca0347a47c3b dbcf 4bb6 aed3 3dba46730aea19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750
なんくるない

なんくるない

9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8

幾望

3匹の猫のお母さん。

沖縄に行きたくなる。 観光したり、アクティビティを楽しむのではない。 ひとりで行きたい。 散歩したり、海を眺めたり、小説に出てくるような小料理屋さんでご飯したり。 沖縄独特の時間の流れの中で、そこにある光、風、植物、動物、人から発せられる力を感じて、いつもの生活に戻れなくなりそうだけど。 この小説を読むと、それもよしと思う。

1日前

Icon user placeholder9ed768a6 3eb3 4ae2 95e3 046a998e663582d317db 536e 490a 9a61 5a2a13affd1c