518v1unczal

カープ、ライオンズ、ホークスの黄金時代を築き、球界の寝業師と呼ばれた根本陸夫。その驚くべき手腕と実像を、王貞治氏をはじめとする膨大な証言から明らかにする骨... 続き

コメント

「球界の寝技師」の異名を与えられた根本陸夫について20人もの関係者の証言集。ダイエーで王貞治を監督に招聘するところがクライマックスだがここでも根本らしさ全開で思わず吹き出してしまう記述もあり、興味深く読めた。
ただ、エピローグでそれまで長々と書かれた根本の評価をほぼ全否定するある人物の証言を引用した意図がいまいち解せない。

読者

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

新刊

運は操れる

運は操れる

A716e501 f017 447f a8bc 09f94d73c124

かんの

読書で未知を知るのが好きです。

科学的に証明された運の操り方が載っていて、すぐに実践出来るものばかりだった。とても参考になりました。また、運に対する捉え方の変わる1冊でもあった。

42分前

0fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15b6d4b8023 733c 43fa 9207 a0af52d6d7737fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c34 12
文豪妖怪名作選

文豪妖怪名作選

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

全部で19篇。冒頭の尾崎紅葉『鬼桃太郎』は、桃太郎に浴びせられた屈辱を晴らそうと桃太郎退治に出かけた鬼の珍道中。挿絵付きでいきなりかっ飛ばしてくれます。泉鏡花『天守物語』は怪しくも美しい青獅子の戯曲。日影丈吉『山姫』は、一読妖怪探索の旅行記かと思わせといて、気がつくとあちら側へ。椋鳩十『一反木綿』、ほおこんなの書いてたんですか。内田百閒『件』は、なにを今更ですが、こういう並びで改めて読むとやっぱり流石ですね。巻末には東雅夫の懇切丁寧な編者解説付き。怖くはないですが、クスッと笑える妖怪達のあれやこれや。

約5時間前