51isspvr89l

カメラマン見習いの晴人と、新米美容師の美咲。恋に落ちた二人だが、美咲は人の何十倍もの早さで年をとる難病を発症する。しかも、治療法はないと告げられ……。切な... 続き

コメント

涙が止まりません オススメです。

いまいち。
全体の構成、登場人物の心情変化や葛藤などリアリティを追求していたのは感じた。
が、安易に病気を用いている感が否めない。

ネタバレしちゃいますが 付き合っている2人が彼女が病気になった事で別れてしまいます
彼女の決断が正しかったのかどうか 悩むところですが 彼氏に姿を見られたくない気持ちもわかるし 彼氏に全てを話して嬉しい気持ち、楽しい気持ちにしてもらったら 少しでも体の変化を遅らせることができたのかもと思います
この作品に出てくる人はみんな優しくて思いやりがあるなぁと思います

わりとさらーっと読めた本
最初のうちは話が掴めなかったけど、病気のシーンが出てきてからは一気にいけた。でもなーんか物足りない感はある。

読了12/23

ネタバレしてます、読んでいる途中の方は自衛お願いします。

最初は泣けるというありきたりな売り文句で購入しました。正直この本を手に取った時は、彼女は病気になったがそれを2人で乗り越えて彼女は死ぬけどハッピーエンド…で終わると思ってました。というかハッピーエンドが個人的に好きなので、それを望んでいました。ですがそうではなくて驚きました。

最近はバッドエンドルートを回避する、やたら察しのいい人間が付き合っている男女のどちらかにいるのが、割とテンプレになってると思っていましたが、この小説はそういう意味では現実的だと思いました。

晴人は最後に美咲に会いに行きましたが、美咲が既に老婆の姿であるのを知っていながらも、結局は24歳の姿の美咲を探していた。そのまま会えないまま美咲は他界してしまう。このシーンは「やっぱり人間ってこんだけ鈍くて当然なんだなぁ」と素直に感想を抱きました。このことで晴人は絶望し、後悔しますが、そこから立ち上がり美咲と共に見た夢の続きを追っていく姿は、人間としての強さを感じました。

泣きに関しては後半はボロ泣きでした。個人的な範疇からすると、決してハッピーエンドではありませんでしたが、とてもいい小説でした。読んで良かったです。

読者

2896f4e0 d8e2 41fa 9a38 3678764f954dAf862982 8899 4bc3 b2ac 5bf828e1097bIcon user placeholder63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c61C679b118 7132 4af8 91da 063ee59d462163dbfea3 4a7e 426c 87ee eba369b9958c0891383b 0c85 4f1f a06d db9b51d42e31C17115a3 000b 4bb4 b640 4e90004965a6 71人

文芸

ギケイキ: 千年の流転

ギケイキ: 千年の流転

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

くすっと笑ってしまうような台詞、おいおい!と、突っ込みたくなるような、展開。しかし、途中で断念してしまいました。違う町田さんの本を読んでから、再チャレンジします。

約19時間前

9caf742c 2836 4270 9538 d4a9b6538b1625e97c3b 9446 4a0c b95f a76c11981f9fC4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c 31
星がひとつほしいとの祈り

星がひとつほしいとの祈り

F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037

sa kana

電子よりも紙派です

楽園のカンヴァスやジヴェルニーの食卓のように、知的好奇心をくすぐる作品ではないが、母や妻、娘、キャリアウーマンなど様々な立場の女性たちを静かに表現した作品。 個人的には『長良川』がとても良かった。喪くした夫を愛し、愛された記憶が蘇る場面は、涙なしでは読むことが出来なかった。

約20時間前

9439133a 8bb8 4e2b af22 399e5cfd116a34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 42