Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
4113jsln4ul

コメント

私は桜が嫌いだ。
毎年々々、開花を追いかけてはしゃいだりすることの意味がわからない。
胡散臭いと思う。

日本人が桜をどう見てきたか、あるいは何を見たがっているか、を考えてみた本。

読者

5793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb321D817a5c0 72a0 46c2 8b47 1aa5a566ff9fF6d6cf63 0cdf 4224 af5f e4b71a2c3e78 3人

文学

がん消滅の罠 完全寛解の謎

がん消滅の罠 完全寛解の謎

B8918db7 2c79 4ec8 b725 dc6dcb93698d

Inatactac

東京駅の丸善がホーム

物語の内容は、本の名前の通りで、その謎解き。 医療が絡むミステリーではなく、医療そのものを使った謎解きなので、面白い。 謎解き自体は新しい感じはして面白かったが、 「医師にはできず、医師でなければできず、そしてどんな医師にも成し遂げられなかったこと」 というところを描いて欲しかった。 医師にはできないことに苦悩があり、、、 というところに、その面白さがあるんだが。

約2時間前

Icon user placeholderIcon user placeholder27975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41
伊庭八郎 凍土に奔る

伊庭八郎 凍土に奔る

B8918db7 2c79 4ec8 b725 dc6dcb93698d

Inatactac

東京駅の丸善がホーム

幕末の一幕臣の話。 鳥羽伏見を終えた後から、五稜郭まで。 家茂との繋がりから幕臣であり続け、自分を慕う人々と、近く来る死へと向かいながらも自分を貫き続けた一幕臣の物語。 西郷、村田蔵六とか、新政府側の話は多くあるが、幕府側の話は少ないので、その意味でも面白い。 ただ、家茂との繋がりや、榎本武揚、土方歳三との繋がりが文字面だけなので、薄い。 そこが物語で描かれていないので、気持ちが入らない。

約2時間前

ここは、おしまいの地

ここは、おしまいの地

843274d7 09ba 4cc8 bd4f 5ecafed8a43a

0000

tokyo

本の中に絶えず漂う哀しみと愛おしさ。 こだまさんの書く文章は本当に好きだなぁと。 本の中に私がいる。ずっと「どうして自分なのか」と迷う私のかわりに、こだまさんが言葉にしてくれている気がした。 こだまさんが幸せであったらいいな。

約4時間前

Icon user placeholderDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c
後宮に星は宿る 金椛国春秋

後宮に星は宿る 金椛国春秋

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

らいこ

ファンタジーハッピーエンドが大好…

最初から衝撃なスタート。お金持ちで世間知らずで病弱虚弱な、ちっぽけな男の子。彼が持っているのは情け深いさと、巡り合わせの縁の深さだけ。 まさか後宮に潜り込み、遥か高みにいる皇后の叔母に自分の存在を知らせ、その代わりに油断ならない敵(?)に正体を知られて… この巻はまだ序章。今後どうなっていくのか楽しみ。

約22時間前