51 7ajikzml

東京の文教地区の町で出会った5人の母親。育児を通して心をかよわせるが、いつしかその関係性は変容していた。-あの人たちと離れればいい。なぜ私を置いてゆくの。... 続き

コメント

その他のコメント

東京の文教地区の町で出会った5人の母親。育児を通して仲良くなるが、次第にその関係性が変容していくというお話。
ママ友に限らず友達関係でもあるような、ちょっとした事で相手の事を深読みしたり、疑心暗鬼になったり、勝手に思い込んだり…。
あーわかるわとか、私もこんな風に思うなとかこんな人いるなとか思いながら読みました。
楽しいお話じゃないけど、登場人物の複雑な感情とか心の闇がうまく描かれてて、とにかく先が気になって気になって仕方がない本でした。
角田さんの本は何冊か読んだけど、登場人物の感情とか同感する事が多いような気がする。

読者

5d5b3b7f dd37 4d9c 9590 5fbf0905ecaa2475a89c 9503 4b08 b347 6ab2bb88744068b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea999abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd603Bd689578 c4af 4e83 8076 163261ce6655Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e63954dbfde 19e9 4dc5 b907 c45f8bd7e27eE7c72217 d7a8 4674 a01c 474075d42acb 12人

文芸

51vay7qzphl
48b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd96988

yuko

本と映画と旅行とビールが好き

メタファーの意味を知っている?

4分前

38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b182348259a9f a5ec 4e92 a6b6 a93aed926da9F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28
41jcizbjxul
48b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd96988

yuko

本と映画と旅行とビールが好き

おとうさん、 (言ってくれなきゃわからないよ) おとうさん。

約3時間前

41fvmxpdail
5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

久しぶりに読んでみたくなった(電車の中で読んでいる人を見かけたので。ただそれだけなのですが)山田 詠美さんです。熱心な読者ではないので、「ラビット病」や「ぼくは勉強ができない」とかしか読んだ事は無いのですが。 男と女の間(セクシャルな部分を含む、当然ですが)に関連した短編集です、サラリと読めて気持ちよい切り方です。中でも気になったのは、突然昔の友人から告げられる共通の知り合いの遺言にまつわる話し「眠りの材料」、隣の夫婦とのやっかいでいて甘美な秘密の繋がり「血止め草式」、不思議な場所で出会うことになった男と女の始まりから終わりまでを描く「男に向かない職業」、風変わりな友人との関係性にセクシャルなものが入り込むとどうなるのか?を描く「高貴な腐食」です。 どれも20代中盤から後半にかけての男女の機微をかなり忠実に、しかも正直に描かれていて私は好感持てました。男でも、女でも、自分の立ち位置から逃れることは出来ないですし、その性別が基本になるのだと個人的には考えます、ストレートなもので。違う立場の方がいて、その方々とも偏見なく分かり合えるとは(ある程度なら)思いますが、ストレートな方々に向けられた物語です。 しかし、私の今の年齢からですと、なかなかそれだけではイケナイな、と思いました。懐かしくすら感じられます、20代後半から30代前半が。今でも迷いまくりですけれど。 ちょっとした(私を含む30代後半より上の方なら)ノスタルジーを気持ちよく言葉にしてくれて、しかも正直で冷静な観察と知っているけれどちゃんと言葉にするのが難しいことを言葉や文章を読む事で理解させてくれる作品です。20代の方でも面白く読めると思います、男でも女でも。男女の間の様々な関係について興味のある方にオススメ致します。 2008年 10月

約10時間前