51 7ajikzml

東京の文教地区の町で出会った5人の母親。育児を通して心をかよわせるが、いつしかその関係性は変容していた。-あの人たちと離れればいい。なぜ私を置いてゆくの。... 続き

コメント

その他のコメント

東京の文教地区の町で出会った5人の母親。育児を通して仲良くなるが、次第にその関係性が変容していくというお話。
ママ友に限らず友達関係でもあるような、ちょっとした事で相手の事を深読みしたり、疑心暗鬼になったり、勝手に思い込んだり…。
あーわかるわとか、私もこんな風に思うなとかこんな人いるなとか思いながら読みました。
楽しいお話じゃないけど、登場人物の複雑な感情とか心の闇がうまく描かれてて、とにかく先が気になって気になって仕方がない本でした。
角田さんの本は何冊か読んだけど、登場人物の感情とか同感する事が多いような気がする。

読者

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f39daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71eA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5F87cced7 3b24 400e 9d4e d0d0be9c1730D542d47c 6fab 4cfd b7a6 30fa256a96c7Db0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b1 28人

文芸

アルテミス・ファウル 永遠の暗号

アルテミス・ファウル 永遠の暗号

89c0ce76 d543 4d54 aa7b 7ec65767885a

ヒューマンドラマ、サスペンスのよ…

この作品はあのとんでも少年アルテミス君がシリーズの中でも珍しく取り乱す事が多いです。 シリーズを読んでいる方ならば序盤のお話で結構驚く所が多いかもしれません、何せあのバトラーが.... なんて事は読んでみてのお楽しみですね、 さて、このお話はとんでも少年アルテミス君が妖精達から盗んだ技術でCキューブと言うスーパーコンピュータを作り上げ大儲けしようとする所から始まります。当然オーエンさんの作品なわけですからそんな単純な話ではありませんが冒頭の前置きはそんな感じで書かれています。その後で二転三転する話の展開と前作から引き続きホリーちゃん含む妖精達も巻き込む異種混合のどったんばったん大騒ぎな物語が私達に日常では感じられない興奮と躍動を与えてくれます!! もし書店で見かけたならパラパラっとページをめくってみてください、きっと気づいた時にはこの本の重みを手に感じながら帰路についてる事ですよ。

約1時間前