51pdbz5bkpl

自分以外の人間は誰も信じるな-子供の頃からそう言われ続けて育てられた。しかし、その言葉には、まだ逃げ道がある。たった一人、自分だけは信じていいのだ。ささや... 続き

コメント

読者

E8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1bCbf5359e 4a74 476c 92ff 8fd73b3a9988151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24180c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f6933fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b 5人

吉田修一の本

国宝 (下) 花道篇

国宝 (下) 花道篇

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

全てを捧げるということは、全てなんだろう。だんだん喜久雄に形が無くなっていくようだった。 芝居にかける情熱は、赤く燃え上がり、青くかがやき、白く発光していく。 演台で語る語り部の長い話を聞き終えた気分だ。 最後にチョン!と拍子木が聞こえた。拍手は三代目に。

2か月前

F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeAa6ee617 096b 475d 9630 7cd5abb3890c
国宝 (上) 青春篇

国宝 (上) 青春篇

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

活弁士が語ってくれるような、喜久雄の青春時代。映画のコマが流れるように、芸の道を懸命に生きる若者達の姿を映します。

3か月前

F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c8511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f1916360539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee 12