41tsafiigel

川上弘美さんの最新刊は、長らく待ち望まれていた恋愛と結婚を描いた長編小説。500ページ超えも一気読み必至の傑作です。 主人公は1966年ひのえうまの同じ... 続き

コメント

読みごたえがありました。こちらの世界からあちらの世界を読ませる川上弘美2017だった。

読者

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79eA04cdf48 6346 4287 9a90 2a344e09674348909f13 5e9b 4772 8e48 1168c29c8e91Cd3f080b 7f47 460f a241 0facc1b264b21e80f26e 82b1 4c26 9224 d05d63c6afad79651acf 4aa2 427c af16 61cd849368c87e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5dC555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769c 17人

川上弘美の本

100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

「100万回生きたねこ」 大好きな絵本を、これまた大好きな作家さん達がこぞってトリビュートした贅沢な一冊 どの作品も、生と死というテーマを重く温かく表現しています 絵本の書評ではなく、文学作品として扱っているところがいい 多くを問いかけます

12日前

Ef387553 c4de 44e5 866e e4ef1ad7153c0b7cc36d 0c40 4f9a b052 cdb36775bafd994e4877 2baa 4443 953d 8efec2a34d2c 16
古道具 中野商店

古道具 中野商店

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

中野商店の日々が綴られています。 店主中野ハルオと店主の姉マサヨとタケオと語り手のヒトミ。 皆の名前がカタカナなのが、不思議な空間をかんじさせる。 なんだか変で不器用な日々、人生という道のチョット外れを歩いている人たちの話。

8か月前

D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb449Dcc41de7 3e4a 4a0f 817b a3985c6bb3f3
センセイの鞄

センセイの鞄

7fd25228 bb55 49bc 97aa 02cfb55e19b8

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

センセイと月子さんの距離感がとても好きだ。 あたたかくて優しいけど心をすごく揺さぶられた。

1年前

49448683 e6cb 4bea 841b 0883d9480cf98d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac1919Be277678 29bc 4339 b384 e3078aea7925 24