41tsafiigel

発行元から

川上弘美さんの最新刊は、長らく待ち望まれていた恋愛と結婚を描いた長編小説。500ページ超えも一気読み必至の傑作です。

主人公は1966年ひのえうまの同じ日に生まれた留津とルツ。このパラレルワールドに生きるふたりの女性は、いたかもしれないもうひとりの「自分」。それは読者のあなたのもうひとりの「自分」かもしれませんし、留津とルツの恋人や夫も読者のあなたのもうひとりの「自分」かもしれません。

主人公の2人のように「いつかは通る道」を見失った世代の女性たちのゆくてには無数の岐路があり、選択がなされます。選ぶ。判断する。突き進む。後悔する。また選ぶ。進学、就職、仕事か結婚か、子供を生むか……そのとき、選んだ道のすぐそばを歩いているのは、誰なのか。少女から50歳を迎えるまでの恋愛と結婚が、留津とルツの人生にもたらしたものとは、はたして――

道は何本にも分かれて、つながっていて、いつの間にか迷って、帰れなくなって……だからこそ「人生という森は深く、愉悦に満ちている」。

装画と挿画はファッションブランド「ミナ ペルホネン」の皆川明さんが手がけています。
たくらみに満ちた造本にもご注目ください。

目次

一九六六年

二〇二七年

川上弘美の本

某

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

家族、愛情をめぐる物語。 幻想小説かもしれないし、SFかもしれない。 いずれにしても奇書、だと思う。 書店で偶然立ち読みを始めて奇怪な物語に一気に引き込まれてしまった。 それまでの記憶が一切ない、自由に姿形性別も変えられるという存在が主人公である。 物語にはどこか優しさと危うさを感じる。 この存在は人間と類似の姿をしている様子だが、人間性はあまり豊かでは事が多いようで、感情が偏っていたり、或いは欠如していたり、そしてその行動も何処か偏りがある。 人間性とは共感性ではないか、と考える。 親(家族)がいて、ピア(友人)ができて、恋人を作り、家族ができる。 しかしこの存在には始まりの時点で家族は存在せず、ある日突然この世界に誕生する。 物語冒頭の医師と看護師が疑似的な両親の役を果たそうとする。しかし、姿形・性別・年齢が変化してしまう(させる)ために、成長という物語を十分に吟味できない。 ここで、家族関係或いは重要な、親密な他者と関係を結ぶという事は物語を共有する事である、という考えがよぎる。 所謂ナラティブな関係性、或いは家族神話と呼ばれるものであって、その物語を共有するためには共感性が必要となる。 共有できる物語と共感性が有ればこそ、対人関係・対象関係は円滑で愛情深くなるのだろう。 そして、人間の姿に擬態するが人間性、共感性に乏しい彼等は家族や親密な他者をなかなか獲得できず、そして日々の糧も安定がなく何処か居心地が悪そうでもある。 居心地が悪くなれば、或いは何かのきっかけがあると姿形・性別・年齢・性格も変化させる。 解離性障害。 この古くて理解が難しい精神疾患をどうしても連想してしまう。 この疾患は多くの場合、幼少期早期の心的外傷或いは、幼少期早期から継続される養育者の情緒的応答性欠如がその病因とされる。 記憶が途切れる解離性健忘、記憶が交代して別の人生を送ってしまう解離性遁走、自分の姿が別の視点で見える離人症、そして人格の交代が生じる解離性同一性障害と様々な様相を見せる。 最も困難な場合は養育からの虐待によって、虐待されている時の自分を感じさせず、別の記憶・人格を構築してやり過ごそうと始まり、やがてストレスに直面する度に新しい人格を形成させるようにしてしまう。 従って、人格は二重人格から多重人格へ移行してしまう。 この疾患のひとたちとこの物語は重なってしまう。 彼等に必要なのは、他者との十分に安全で保護された安定した関係性であり、そのためには共感性をもてる他者との交流が必要となる。 この物語は人格を統合する物語であり、損なわれつつある人間の共感性に迫る物語だと思う。

2か月前

C4d156f6 bd29 4f29 a899 745948bf6206Icon user placeholder
100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋から転職 書店員見習い中

「100万回生きたねこ」 大好きな絵本を、これまた大好きな作家さん達がこぞってトリビュートした贅沢な一冊 どの作品も、生と死というテーマを重く温かく表現しています 絵本の書評ではなく、文学作品として扱っているところがいい 多くを問いかけます

7か月前

0b7cc36d 0c40 4f9a b052 cdb36775bafd18f9cba6 6736 41fb b0be f995ffdcfadf6e0278b5 a197 4308 8efa 4289e0e3e82f 21
古道具 中野商店

古道具 中野商店

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

中野商店の日々が綴られています。 店主中野ハルオと店主の姉マサヨとタケオと語り手のヒトミ。 皆の名前がカタカナなのが、不思議な空間をかんじさせる。 なんだか変で不器用な日々、人生という道のチョット外れを歩いている人たちの話。

約1年前

1df6722b c5f1 4381 a6ef cad8155f68fdB56d6049 bf17 4cfa aeb0 d1ac91364df7D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9
猫を拾いに

猫を拾いに

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

短編集。上手く言い表せないがほっこりする話たち。

約2年前

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656Icon user placeholderA04cdf48 6346 4287 9a90 2a344e096743 17