51yimem%2bnkl

『与五郎の妻』 ゆいは5年前まで江戸詰めの夫と目黒の下屋敷で暮らしていた。ところが騒乱のせいで津山森家が改易、夫とは離縁を余儀なくされる。一度は実家へ戻っ... 続き

コメント

赤穂浅野家と改易になった津山森家。深い因縁がある事に、驚いた。討ち入りに参加した元津山森家の家臣三人。其々の人生において、其々の選択をしたのだろう。本人達の本意が記されてはいないところがいい。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241

文学

攻殻機動隊小説アンソロジー

攻殻機動隊小説アンソロジー

19044d62 6fd6 4172 b936 f96acc1a498a

九重篠

腐っている成人済みオタク

プロの作家さんたちによる、攻殻の公式アンソロ。 それぞれ作家さんたちごとにフォントが違うのが凝っていて面白いけど、少し目が慣れるのに時間がかかった。 朝霧カフカ版は、まだ草薙と会っていない、笑い男事件後のアオイと元軍人でまだ日本にいたクゼヒデオが会っていたりなど、嬉しい共演だった。 神山版だけではなく、「人形遣い」を知っている原作ないし押井版の草薙素子も出てきて、面白かった。 バトーとトグサ(特にバトー)の出番も多かった。

1日前

Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c