51yimem%2bnkl

『与五郎の妻』 ゆいは5年前まで江戸詰めの夫と目黒の下屋敷で暮らしていた。ところが騒乱のせいで津山森家が改易、夫とは離縁を余儀なくされる。一度は実家へ戻っ... 続き

コメント

赤穂浅野家と改易になった津山森家。深い因縁がある事に、驚いた。討ち入りに参加した元津山森家の家臣三人。其々の人生において、其々の選択をしたのだろう。本人達の本意が記されてはいないところがいい。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241

文学

人魚の眠る家

人魚の眠る家

72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6

大学生① 土日に読み貯めます。

生きているとはどういうことなのか、今の日本の医療の在り方や臓器移植の問題について考えさせられました。 こんな介護の仕方があるのかと驚きました

約10時間前

3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be6540d065 b84a 4ad8 9102 372738f03d5509c068ab 3b99 4ce4 888a ae56f6359bac 16