51yimem%2bnkl

『与五郎の妻』 ゆいは5年前まで江戸詰めの夫と目黒の下屋敷で暮らしていた。ところが騒乱のせいで津山森家が改易、夫とは離縁を余儀なくされる。一度は実家へ戻っ... 続き

コメント

赤穂浅野家と改易になった津山森家。深い因縁がある事に、驚いた。討ち入りに参加した元津山森家の家臣三人。其々の人生において、其々の選択をしたのだろう。本人達の本意が記されてはいないところがいい。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241

文学

ウドウロク

ウドウロク

F3bc9b8c 78a6 441a b160 2a838b68dcf9

ひさBON

心豊かになるための読書

181016読了。 「なるほどねぇ〜」と、女性心理の根本に接する機会となりました。

約6時間前

5f2cc981 6491 4f27 9a38 0469c789c8b89cf344ec 9c29 416e ad23 9400af4682b0A543fcc0 9e84 4579 9659 f2f9463d09b5 8