51yimem%2bnkl

『与五郎の妻』 ゆいは5年前まで江戸詰めの夫と目黒の下屋敷で暮らしていた。ところが騒乱のせいで津山森家が改易、夫とは離縁を余儀なくされる。一度は実家へ戻っ... 続き

コメント

赤穂浅野家と改易になった津山森家。深い因縁がある事に、驚いた。討ち入りに参加した元津山森家の家臣三人。其々の人生において、其々の選択をしたのだろう。本人達の本意が記されてはいないところがいい。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241

文学

想いの軌跡

想いの軌跡

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

世界史が好きになったのは、塩野先生の「ローマ人の物語」のおかげです。

1日前

猫のつもりが虎

猫のつもりが虎

0dd31ca7 cb82 4ea8 94ad 0aa0cbeb7bae

絵も素敵だし、話もサクッと。世の中に建築の評論が無いのは、そうよねーと気付かされた。解説が藤森照信さんなのもなんか良かった。

2日前