51yimem%2bnkl

『与五郎の妻』 ゆいは5年前まで江戸詰めの夫と目黒の下屋敷で暮らしていた。ところが騒乱のせいで津山森家が改易、夫とは離縁を余儀なくされる。一度は実家へ戻っ... 続き

コメント

赤穂浅野家と改易になった津山森家。深い因縁がある事に、驚いた。討ち入りに参加した元津山森家の家臣三人。其々の人生において、其々の選択をしたのだろう。本人達の本意が記されてはいないところがいい。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241

文学

お引っ越し

お引っ越し

F38c1168 5758 46e2 87e9 cedb5ff8b863

おもち

恒川光太郎さん好き ミステリーと…

イヤミスという言葉に惹かれて購入。 イヤミスではない。ミステリではない! 失敗したホラー小説。 あんまり面白いと感じませんでした。

約8時間前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cIcon user placeholderD90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5
プロジェクト:シャーロック

プロジェクト:シャーロック

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

毎年の楽しみにしている『年刊日本SF傑作選』ですが、今年は『さよならの儀式』以来の面白さでした!上田早夕里や宮内悠介はもちろんのこと、我孫子武丸や松崎友里も良かったー。加藤元浩のマンガも秀逸でした。

約20時間前