51n1ruhwg0l

竜崎伸也、大森署最後の事件!? 正体不明の敵に立ち向かう、激動の長編第7弾。私鉄と銀行のシステムが次々にダウン。不審に思った大森署署長・竜崎は、いち早く署... 続き

コメント

新作を楽しみにしているシリーズの一つ。キャリア警察官を主人公にしたシリーズ。もう7作目なんだな。キャリアというと現場が分からない頭でっかちの役立たずとかキャリアを鼻にかける厭味な奴というステレオタイプな描かれかたをイメージしたりするが本作では確かに現場経験は乏しいものの自らの信条をきちんと持った主人公の筋の通った生き方、やり方が結果を出していく様が描かれる。この作品は鉄道会社と銀行でハッキング事件と管内で起きた不良少年のリンチ殺人が並行して描かれやがてそれらが、という話。またペナルティで本来の階級からは有り得ない一警察署長に甘んじている主人公に異動話が持ち上がり、というサイドストーリーもあってちょっと結末が簡単にまとめられちゃってるな、という気もしたが楽しく読めた。

初巻の頃の竜崎を彷彿とさせる内容だったにもかかわらず。大森署で経験を積んで変化した、竜崎伸也を堪能した。正論を言う人間は胡散臭いはずなのに、竜崎は正論で生きてそして、事件を解決しちゃうんだなぁ。正論はもちろん現実的にはズレていることも多く、それが顕著に表れる家庭で、妻が言葉を咀嚼しながら会話するのが微笑ましい。事件の内容より、竜崎のキャラクター推しの巻ですが、満足です。次巻の竜崎がとっても楽しみ。絶対揉めるって。笑

読者

Icon user placeholderD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab6708634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 5人

今野敏の本

とせい

とせい

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

キャリアの警察署長シリーズが気に入ってる作家の別シリーズ。好きなシリーズの新作がなかなか出ないので他のものを読んで場つなぎにしようという思い。そしてタイトルと表紙から反社会勢力をテーマにした作品だと分かったので...浅田次郎の最高傑作がいまだに「きんぴか」だと思っていることもあって楽しみに読んでみた。独立系の弱小やくざの組長が倒産しかけの出版社の社長に収まってしまいそれを元にいろんなドタバタがあるのだけど最後は経営を立て直して去っていく、という読む前からだいたい予想のつく話。唐獅子株式会社というのもあったな...。完全に荒唐無稽な設定なんだけども適度にリアリティも盛り込んであってなかなか面白かった。

9日前

警官の貌

警官の貌

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

時々、ハズレなし短編を読んでみる。知ってる話もあるけれど、また読む。短編は肉弾戦のようで楽しい。

4か月前

カットバック 警視庁FC2

カットバック 警視庁FC2

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「隠蔽捜査シリーズ」好きなので、大森署の新署長を拝見することができて嬉しい。戸高刑事も大好きです。 極力ややこしいことはさけたい楠木巡査は、めんどくさいなぁと思いながら毎日仕事をしている人。それでも、警察で働くのは、悪くないと思っている。戸高刑事とどう絡むのか楽しみでしたが、やはりコンビもどきになっておりました!戸高刑事も、実はボンクラ頭でない楠木巡査に一目おいています。サスペンスほどでもなく、どこまでも軽い警察ものです。

4か月前

733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac0c26fe92 ccd2 4876 b29f 52c3fec2967c