51%2bltr%2bdwvl

ある日、道ばたに落ちていた彼。「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか?咬みません。躾のできたよい子です」「-あらやだ。けっこういい男」楽しくて美味し... 続き

コメント

誰かを信じられなくなっているアナタに。そんな時に効くのは一緒にごはんを食べる、というようなシンプルなことなのかもしれません。そんな毎日の中のありふれた幸せがたくさん描かれていますよ。

その他のコメント

もう一度読みたいなって思うけど、またあんなに切ない気持ちになるのかと思うと、読み返すの躊躇するという…。なんか決心要るんです。バッドエンドではないのですが、途中にやってくる切ない展開が、良くも悪くもたまらなくて。

このお話に出てくる食べ物としての植物もとっても魅力的です。
誰かと一緒に美味しいものを食べたりすることって、誰かを好きになることや、誰かを好きな気持ちと繋がってる気がします。

いき倒れてみようと思いました

読者

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e010be94a8 f86d 401d 8bca 83a5e1a3e43fD50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e90ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b7c566c23 5b02 4388 889a 6c8929198ce0E9e1e1d4 8e15 4321 8b86 0f221baa5bad761cc491 2dfa 46e5 bfb1 d5fbcaec9228 52人

有川浩の本

ヒア・カムズ・ザ・サン

ヒア・カムズ・ザ・サン

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

登場人物や設定は同じなのに、ストーリー展開が違うだけで、こんなにも父親像が変わって見えることに驚かされた作品。 それに、2つ目を2つ目に持ってきたところがまたいい。逆だったらこんなにも心に残らなかったと思う。 「親は立派な人であるべきだっていうのは、子供の幻想」だから「諦めろ」のくだりは、皆が一度は通る道なのかもしれないなぁなんて読後感。

7か月前

E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddC2952b28 ce5f 4d28 a16a 0c9e21412e40Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e 30