514hnrnfgsl

ニューヨーク近代美術館の学芸員ティム・ブラウンは、スイスの大邸宅でありえない絵を目にしていた。MoMAが所蔵する、素朴派の巨匠アンリ・ルソーの大作『夢』。... 続き

コメント

美術知識が全くの素人に、アンリルソーという人物への興味をここまで掻き立ててしまうことがこの作品の最大の魅力、乃至は力なのだと思います。筆者の他作品でも見られましたが、作品を「友達」と呼び、美術館に行くことを「友達の家に遊びにいく」というフレーズのおかげで、傑作と呼ばれ自分などの理解には遠く及ばないものだと勝手に距離を置いていた美術領域を身近なものと受け止めたいいんだと思えました。ということで、早速片手間につらつら書き貯めていけるよう近代美術の勉強ノートを作ってみた次第です。

最高に楽しかった。途中、作品を見たくなりネットで調べながら読み進めて行くが、後半は一気に引き込まれた。

美術をモチーフにした壮大な極上のミステリーとも読めるが、
各々が抱くこの上ない一途な片想いの物語だと強く感じた。
一枚の絵に魅せられた人々が織り成す片想いの結晶、それはまるで見る時々によって姿を変える楽園のカンヴァスに描かれた絵画のよう。

ひたすら面白かった。
原田マハは当たり外れがあるけれど、これは当たり。

感動した。続きを読みたいが終わらないで欲しいという気持ちも出てくる。

原田マハ。学芸員の仕事をしてから文筆業になり作家になったという経歴が気になったので読んでみた。

ルソーの作品の真贋判定を中心に「あのころのパリ」と時代を行き来しながら話が進んでいく。

単純に読後感はすごく気持ち良く、散りばめられた伏線を回収し、前向きな気持ちでラストを迎えられる。それに、作品内世界の居心地も良いし、登場人物は可不足なく描かれている。

ただ個人的には物語の展開とか人物に隠された秘密はありがちというか、どこかで見かけたことのあるような展開を組み合わせているような印象を受けた。それはルソーについてもそうで、なんかどこかで聞いたことのあるような造形で、、、でも別に唯一無二の物語を描く必要は無いのかも、とも思う。

多くの人に受け入れられる物語(や展開、人物造形)というのは、それほど多くもないし、決まりきったものを組み合わせただけのものなのかもしれない。

表題からは敬遠されそうだが、とっつき易く読みやすい。読んだ後はルソーを知りたくなる魅力溢れる一冊。こんなの書ける作家は唯一無二。
物語が進む上で表紙は何回も観ちゃうよ!おススメ。

ルソー好きだから読んだ。もっと好きになった。ルソー展またやってほしい。

さあ、描いてちょうだい。あたしは、いまから、永遠を生きることにしたの

①フィクションとしての楽しみを追求する②登場する作品や画家の魅力に迫る、の2つの楽しみ方があります。普段あまり本を読まない方にも読みやすい作品。

芸術や歴史をあなどるなかれ。人が何かを学ぶには2つだけ。経験、もしくは先人から。

最近読んだ本から。
世評の高い作者だけどきっかけ無かったからか何故か読んだことがなくて…ということで手にとってみました。いい話を読んだな、というのが率直な感想。
アンリ・ルソーの未発表作品の真贋鑑定を依頼された訳ありの二人自身の物語と彼らが読まされる画家その人の物語の二軸での構成が見事。ラストもすっきりで人気あるのも納得。他の作品も読んでみたいと思った。
作中でてくる絵画をいちいち画像で確認できるのでgoogleがあって良かったな、と改めて思った。

久し振りにここまで引き込まれる小説に出会った。

この作品に出会えたことに感謝、作者のこの創造力を得るための知識や経験はこれ如何程か

読み出しからゾクゾクしまくり、一文一文丁寧に読み進めたい、けど早く先が知りたい、それに比例して、まだ終わってしまわないでくれ、と心の中で静謐なせめぎ合いが起こる。

絵画にも色んな思いが込められていることに、改めて気付かせてくれるミステリー。

ルソーについては知らなかったけど楽しめた。

大切な友達に贈りたくなる一冊です。

アートにはほとんど興味がないが、傑作だと思えた。
日常・非日常感の同居、難しいテーマへのわかりやすい導入と解説、文章の濃度とリズム、様々な要素が夢中にさせてくれる。
美術館に行きたいと思った。

再読。
この作家さんの作品をもっと読んでみたいと思うことが多々あるけど、名店で飲む一杯のカクテルのように、あまりに出来すぎていてなかなか手が伸びない。僕にとって原田マハという作家さんはたくさんいるそんな風に感じる作家さんの一人です。

あの時、君と過ごしたその一瞬一瞬の繰り返しが、最後に見たその滴が僕の全てになった。
本気の恋をした人だけが得ることのできる陶酔。
時間に対する価値観は人それぞれだと思うけど、苦しくて、悩ましくて、それでいて幸せを感じることの出来る恋をしている時間こそ、時給換算することの出来ない最高に価値のある時間だと思う。
その情熱に溢れた時間を、生きたままカンヴァスに描くことで、永遠にすることが出来たルソーという芸術家の生きざまとその中で産み落とされた作品群は、時間の価値を見直すことを求められている今を生きる僕たちの心の中に、現代社会への?マークを浮かび上がらせることだろう。
恋と芸術と謎、そして、夢。
停滞した現代社会に一石を投じる破壊者が持つべきエッセンスが封じ込められた一冊でした。

読者

D7909256 6499 4a6a b54a 3f9214c4cccf43109ea8 d661 4456 b359 a01ecf24872a6de3a1b2 e698 490d bed3 66146ca44247Icon user placeholder8d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac19192a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614bA717c245 52ca 473f add7 f3698fc396013506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bc 199人

原田マハの本

美しき愚かものたちのタブロー

美しき愚かものたちのタブロー

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

なんで美術の教科書は、こういうことを教えてくれなかったのだろうか。本の中で、絵画との接し方を松方幸次郎に教えてもらった気がする。とりあえず西洋美術館でやってる松方コレクションを観に行かねば。久しぶりに睡蓮を観に川村記念美術館にも行きたくなった。でもやっぱりパリにも行きたい。。。

2か月前

Icon user placeholderCd7b3ce4 c62e 453b a717 1f74c9cef6f751719c79 83ea 4338 b822 8cdc3aa5e494 19
思わぬ出会いに心ときめく パリの小さな美術館

思わぬ出会いに心ときめく パリの小さな美術館

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee

モコ

ネットよりも、活字が大好きです。

パリの街中に佇む様々な様式の美術館の数々。どれもが、人々の生活に密着していて子どもから大人まで、日常的に素晴らしい芸術に触れている様子を見ると、芸術への想いを形成する土壌の豊かさに「さすが、パリ」と、思わずにはいられません。

6か月前

C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b768817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311 23
常設展示室: Permanent Collection

常設展示室: Permanent Collection

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

運命の絵というものがあるものです。 運命の本があるように。 この本を読んでいると、 絵を観るということは、絵画の知識を伴わなくても良いのよ、と許してもらえてる気がして嬉しい。 常設展示がユニークな美術館が、思いの外あるのをご存知だろうか。並んで観る絵も素晴らしいが、美術館が心を込めて常設している美術品も素晴らしい。 でも、人が少ないと自分はチョット照れてしまうのである。笑

6か月前

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7b 17
ロマンシエ

ロマンシエ

015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554

まいさん

頭でっかちにならないように、ゆっ…

マハさん史上最もチャーミングな男の子が主役! 大好きなアート、そして大好きな人にまっすぐに向き合うその姿はとってもピュアで魅力的だったなぁ〜。 マハさんの作品の素晴らしいところは、アートの素晴らしさと魅力を、すごくわかりやすく丁寧に描いているところ。 アートに興味がある人も、そうでない人もきっと楽しめるはず。とっても大好きな作家さんです。

8か月前

75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e99b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3 29