Btn appstore Btn googleplay
51i6e1c8nbl

ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真... 続き

コメント

話した人に 絶賛おすすめされた本。最近読んだ中で いちばん 面白い ミステリーとのことで ついに 読んでいるのだけど 最初から 震えるほど 面白い◯ ルソーの見方が 少しずつ 自分の中で 変わってきた。読みたくて 読みたくなくて でも 早く読みたい気持ちにさせてくれる。久し振りに ぞわぞわしている。

その他のコメント

読み始めてから、周りの音は遮断され、とても静かな美術館の絵の前にいつの間にか立っていた。そして84年のバーゼルの夏の7日間と19世紀初頭のパリの5年間をルソーの絵の中の情熱に突き動かされずにはいられない人たちの想いが交差する。その間も静かなままだ。空気だけが行間から押し出されてきて私を包む。私は腐りかけた甘い南国の果実に想いを馳せる。
澄み切った空に響き渡る鐘の音に我に返り、そしてまた南国の密林の果実の香りと獣の雄叫びと蜜蜂の羽音に誘われていくのだ。

面白い!大好き。
ニューヨークのMOMAでルソーの絵をみた時の不思議な空気感を思い出します。
何度も読みたくなる。

読者

Icon user placeholder387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4fAc789350 b3b4 43ab b635 edb3af94bbcaE418a093 2a1a 409c 942b 5d3791930b3dC715a1c6 849c 4247 b7a3 64506fe55483Icon user placeholderIcon user placeholderC4d156f6 bd29 4f29 a899 745948bf6206 193人

原田マハの本

サロメ

サロメ

D47c5f3d 92f7 47dd 892a f8510c60b4c5

平出

大学で国文学を専攻しています。

オーブリー・ビアズリーを知らなかったので、知れてよかった。原田マハさんの本は『楽園のカンヴァス』以来、二冊目。美術史の仮説をドラマ化する手法が、特徴かと思われるが、その他の本ではそんなことないのかもしれない。

22日前

263de246b02f8afb24e46ef497c4beef normalC715a1c6 849c 4247 b7a3 64506fe55483018b83c5 0668 4ed4 8ea9 38aff4a710bf
たゆたえども沈まず

たゆたえども沈まず

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

フィクションなのだけれども、本当にゴッホの周りにこの登場人物達がいたら良いなと感じた。

29日前

0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d
20 CONTACTS消えない星々との短い接触

20 CONTACTS消えない星々との短い接触

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb

みかんぼうや

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

様々なジャンルのアートの巨匠達と著者が空想の世界で出会い、会話をする。アンリ・マティス、東山魁夷、宮沢賢治… 原田マハ得意のフィクションの世界で、アートの巨匠達が生きている。一人一人の特徴が調べ上げられており、親しみやすく感じてしまう。 アートや美術に触れ合うことは少し敷居が高い。そういう人に対してもアートを身近に感じさせてくれる。美術の教科書に載っていた作品名と人物名を丸暗記していた頭から離れ、一つ一つの作品にはストーリーがあることを思い出させてくれる。

2か月前