Btn appstore Btn googleplay
51i6e1c8nbl

ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真... 続き

コメント

読み始めてから、周りの音は遮断され、とても静かな美術館の絵の前にいつの間にか立っていた。そして84年のバーゼルの夏の7日間と19世紀初頭のパリの5年間をルソーの絵の中の情熱に突き動かされずにはいられない人たちの想いが交差する。その間も静かなままだ。空気だけが行間から押し出されてきて私を包む。私は腐りかけた甘い南国の果実に想いを馳せる。
澄み切った空に響き渡る鐘の音に我に返り、そしてまた南国の密林の果実の香りと獣の雄叫びと蜜蜂の羽音に誘われていくのだ。

その他のコメント

話した人に 絶賛おすすめされた本。最近読んだ中で いちばん 面白い ミステリーとのことで ついに 読んでいるのだけど 最初から 震えるほど 面白い◯ ルソーの見方が 少しずつ 自分の中で 変わってきた。読みたくて 読みたくなくて でも 早く読みたい気持ちにさせてくれる。久し振りに ぞわぞわしている。

面白い!大好き。
ニューヨークのMOMAでルソーの絵をみた時の不思議な空気感を思い出します。
何度も読みたくなる。

読者

Icon user placeholderC4d156f6 bd29 4f29 a899 745948bf62067d574782 709d 4e7e 877c 5b99bcb2cbd4D6e58f8a 8e1c 4f71 8a27 13c724bb406b223d686c e90a 4c80 b62d c8ae107e0fd975427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e9Ac789350 b3b4 43ab b635 edb3af94bbcaF6def76e 5d46 4349 aa55 034be506ccd2 190人

原田マハの本

美しき愚かものたちのタブロー

美しき愚かものたちのタブロー

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

なんで美術の教科書は、こういうことを教えてくれなかったのだろうか。本の中で、絵画との接し方を松方幸次郎に教えてもらった気がする。とりあえず西洋美術館でやってる松方コレクションを観に行かねば。久しぶりに睡蓮を観に川村記念美術館にも行きたくなった。でもやっぱりパリにも行きたい。。。

6か月前

Icon user placeholderDdf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826beC1de9418 6639 4a37 b91d a8972310554d 23