61vt0owzudl

樹木は子供を教育し、会話し、ときに助け合う。ドイツの森林管理官が長年の経験と科学的知見をもとに語る、まったく新しい森の姿 続き

コメント

樹木について
こんなに知らない事がたくさんあった
なかなか驚きです

優しく落ち着きのある文章で、読みながら本当の原生林にいるかのような気分になりました

読者

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

ペーター・ヴォールレーベンの本

樹木たちの知られざる生活: 森林管理官が聴いた森の声

樹木たちの知られざる生活: 森林管理官が聴いた森の声

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

ドイツ人は森が好きらしい。ウォールデンはアメリカ人だったけど。樹木も私たちのように、コミュニケーションをとったり、助け合ったり、環境を憂いたりする。そういえば、八ヶ岳に縞枯山という山があって、一定の年月で縞模様に上に向かって枯れていくのが、とても不思議だった。

7か月前

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a5e346653 7924 47f6 98ea 344d95df50cf579bdecf 5520 44cd b0d8 cde6097efc7e