61zt1%2bnemel

巨大インフラプロジェクトの関係者数名が何者かに射殺された。被害者の一人が特捜部が追う馮グループの要人で、疑獄事件の疑いもあることから、捜一、捜二、特捜部の... 続き

コメント

めっちゃ濃い。痺れる。

読者

Icon user placeholderC145a4c1 1749 4b78 bda2 18f744c3dc8f6105c36f 5e4c 4cec 91c6 6a8dbfbce9ab6abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455fC1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4 5人

月村了衛の本

機忍兵零牙

機忍兵零牙

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

山田風太郎を、思いきり現代風にアレンジした忍者ものであるが、活躍する忍者たちが異次元世界から来たという設定で、その異次元世界こそがこの私たちの世界であり、彼らには人知を超えた能力が備わっている。その忍びの集団が、巨大な悪(と思しき)支配者集団とぶつかる。 エンターテイメント作品としては、息をもつかせぬ展開、立ちすぎるほど立ったキャラ設定、どんでん返しに次ぐどんでん返し、など一気に読み終えてしまった。ただ、表現形式として小説でなければならないという必然性は感じなかった。むしろ、他の表現形式の方がふさわしいのでは、と思ってしまった。

約2年前