51nuqxdqgzl

コメント

パトレイバー+攻殻機動隊 みたいな感じか。
ライザの自己陶酔が、少しキモい。クールなキャラは、内面を描きすぎると、中二病っぽくなるよね。
とてもおもしろいですよ。

読者

A83410b5 a37e 422b 8ecf a1452d77ea78

月村了衛の本

機忍兵零牙

機忍兵零牙

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

山田風太郎を、思いきり現代風にアレンジした忍者ものであるが、活躍する忍者たちが異次元世界から来たという設定で、その異次元世界こそがこの私たちの世界であり、彼らには人知を超えた能力が備わっている。その忍びの集団が、巨大な悪(と思しき)支配者集団とぶつかる。 エンターテイメント作品としては、息をもつかせぬ展開、立ちすぎるほど立ったキャラ設定、どんでん返しに次ぐどんでん返し、など一気に読み終えてしまった。ただ、表現形式として小説でなければならないという必然性は感じなかった。むしろ、他の表現形式の方がふさわしいのでは、と思ってしまった。

8か月前

追想の探偵

追想の探偵

C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4

歴生

人生意気に感ず だから気の向くま…

月村さんの作品は数冊読みましたが、銃の登場しない作品も面白いなあと。 やや映像的な文章の構成も楽しい。

10か月前

78c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaedD71d9191 30eb 43d6 98fd 24f195c8d237
土漠の花

土漠の花

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

「ソマリアの国境付近で活動する陸上自衛隊第一空挺団の精鋭達。そこに命を狙われている女性が駆け込んだ時、自衛官達の命を賭けた戦闘が始まった。」 裏表紙の説明である。 もちろん、ifの世界である。現実では自衛官達に起こりえない戦闘シーンの連続である。登場人物たちもそれぞれがそれぞれの問題を抱えており、ストーリーが進むにつれて心の闇が浮かび上がり、光が見え隠れしながら、生存を賭けて闘う。 物語の中では、この凄惨な戦闘は闇に葬り去られる。なかったことにするのだが、はてと考える。現実の世界でも、もしかしてこんなことが起こりうるのでは、と。いや、すでに起こっているのではないかと。ifの世界での出来事ではあるが、その世界は現実からわずかな角度だけズレただけの話ではないか? そんなことを考えさせられた。

11か月前

6c381bd5 9159 4827 952a 6a4284adbc7bIcon user placeholder0fdb4117 4db0 4540 8bc8 a7766ac43251