51bcrweyk6l

「この地上で、私は買い出しほど、好きな仕事はない」という著者は、文壇随一の名コック。日本はおろか、世界中の市場を買いあさり、材料を生かした豪快な料理九十二... 続き

コメント

おもしろいよね。料理本がおもしろいなんてどういうことか、と思うけど、おもしろいんだよ。

その他のコメント

面白く実用的。分量なんて書いてないけど、アレンジしながら、挑戦してみるのも楽し。

読者

2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267B0948682 fb76 460b ab9a 2d813f086c1eA83410b5 a37e 422b 8ecf a1452d77ea781ef99d9a 7b86 4330 aebd 49b589d668abB03891ab 6eb5 4d62 8f99 f11284ff4253 5人

檀一雄の本

美味放浪記

美味放浪記

B34cac5a 01ca 4493 95e7 bee2a969a01e

- asagimadara -

絵本・食・詩・ショートストーリー…

生粋の放浪者の檀一雄の美味いものエッセイ。 世界も日本も全く色褪せない食材。 食べものを地元民が呼んでいるように書いてある。

4か月前

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261726feabe f74a 4ba5 ba4e 571ef37c1012C1ba28f8 2bc9 44d2 9a9f 7a5e21ea4c78
(016)妖

(016)妖

A168e774 2e89 495b 97e5 d20d655a5df2

しえす太

素敵な本に出会いたい。

谷崎潤一郎の『秘密』は僅か数十頁の短編だが、耽美な非日常の世界にどっぷり浸ることができる名作だ。 秘密を持つということの妖しい魅力に取り憑かれた男は、夜な夜な白粉を塗りたくり女の姿となって街に繰り出す。 「…鏡に映して凝視して居ると、廃頽した快感が古い葡萄酒の酔いのように魂をそそった」 秘密は秘密のままにしてこそミステリアスな魅力があるのであって、それが暴かれると同時にその魔力は失われてしまうのではないだろうか。

3年前