517h4p7a4ml

高知の下町に生れ育った喜和は、十五の歳に渡世人・岩伍に嫁いだ。芸妓紹介業を営み始めた夫は、商売にうちこみ家を顧みない。胸を病む長男と放縦な次男を抱え必死に... 続き

コメント

読者

Ec590c29 e53f 46eb afb0 d6ac20a94e00565087b5 d3fb 404c 85d7 b767a6b1f37802e8aacb bac1 4f02 b9a2 8c5d4a833622 3人

宮尾登美子の本

きのね〈上〉

きのね〈上〉

805c6a6e d8dc 4d01 9c11 096b293c0681

ほまま

人生折り返し地点かな

十一代市川團十郎丈と奥様をモデルにした物語。読んでる最中、お孫さんにあたる海老蔵さんのSNSで、十一代目の楽屋写真を拝見し、何だか得した気分。波瀾万丈な役者人生や、家の舞台裏も一緒に生き抜いたような読後感でした。

2か月前

〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

12か月前

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 9
鬼龍院花子の生涯

鬼龍院花子の生涯

Dbec6678 84a0 4664 8483 d794f0843a9b

臥煙

40代三人の子持ち

女性作家ならではのドロドロ感が最高。夏目雅子の「なめたらいかんぜよ。!」は原作には出てこないが高知の鬼龍院一門の盛衰を養女の視点から描いた傑作小説。

2年前