41ywbqrpjol

コメント

中世アナトリアの叙事詩である『デデ・コルクトの書』を元ネタにした小説。作者を思わせる語り手による叙事詩のヴァリアント発見の謎めいた経緯から物語は始まる。
異本はオグズと呼ばれる遊牧国家におけるスパイ騒動の内幕を明かすもののようで、王たるハーンと詩人でありシャーマン、そして叙事詩の作者でありまたこのヴァリアントを残した張本人とされるコルクトらがオグズ内の有力者を尋問していく。そしてその話の中に別の王と王の替え玉による別の物語が挿入されていく。
元ネタを読んだことがないのでなんとも言えないところもあるが、こうした架空の書物をめぐる物語の面白さは元ネタにあまり関係がなく、そうした書物をどうもっともらしく見せるかがキモなところもあって、そういう意味で言えばなかなか面白かった。
聞けば筆者は元ネタの有名な研究者だそうで、さもありなん。
しかし、ハーンの語りを読んでいると、どうも男塾塾長の絵がチラついてしょうがない。マンガ化する(しないと思うけど)場合は確実に江田島塾長だなー。

読者

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

文芸

よるのばけもの

よるのばけもの

24aff262 9131 459b 852d c73a5960266d

ryoko23

最近は恋愛小説にハマり中

学校でのイジメ。異質なものは排除される空間。 矢野さんは極端なところはあれど一番純粋なのでは。

約10時間前

0231eac0 aea8 4312 9da2 96c700f65bfdFc228826 6ca1 4233 9415 219bd163bf95Icon user placeholder 171
シーソーモンスター

シーソーモンスター

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

どうしても、互いに憎みあわずにはいられない。 遺伝子レベルで刷り込まれているような『天敵』がいるとしたら、私達はどうするべきなのだろう。 バブル期と、2050年代の近未来。二つの時代を舞台に、「嫁と姑」「追う者と追われる者」の、憎み合う2組の軌跡を描いたエンタメ小説。 誰でも苦手な人というのはいるだろうが、彼らとどう関わるべきなのか、悩ましいテーマだ。 しかし、残念ながらこの作品には一つの問題点がある。 作中、話の本筋に関わらない、意図不明とすら思われるような描写がちらほらあり疑問に感じていた所、この作品は計8組の作家で作られた「螺旋プロジェクト」というものの一作であると、巻末に書かれていた。互いの作品へのリンク・関連がある、一つの作品群であるとのこと。 つまり、おそらく、同プロジェクトの他作品を読んで初めて意味が分かる要素もあるという事、らしい。 企画とはいえ、一冊で物語の世界が完成しないというのは、作品の完成度としてはどうかと思う。他の作品との統合性や同一要素の導入などをすると創作に制約があったとも思うし。 これを機に他のプロジェクト作品を読むべきかもしれないが、作者が80%の力しか出せなかった作品を8つ読むよりは、100%の作品を1つ読む方が良かった。残念。

約23時間前

8f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573C930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d933ba1798 0d39 4d3c b425 484e39459b9f 23
聖夜

聖夜

9f7a896d 3e0d 45f4 b79b 49d552e27487

Mi

宝物は2冊

オルガンを通して過去と向き合い、今を生きようとする1人の少年の姿が、多彩な表現で綴られている作品です。 読み終わると、すごく心が満たされた感じがしました。面白かったなとか、幸せをもらえたなとか、そういう一言では表せない、まさに色々な感情で、心がいっぱいになりました。

1日前

A118227d 0b04 4771 a2a4 742d6d23842cCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778Ddf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be