51tlokmtzzl

アメリカ随一の女流本格作家マクロイによる、趣向と技巧を凝らす短篇集が文庫化。ミステリからサスペンス、破滅SFまでバリエーション豊かな8篇を収録する。 続き

コメント

「東洋趣味(シノワズリ)」と「風のない場所」が好き。

その他のコメント

2015年4月16日読了。
SFとミステリーが程よいバランスで収められていて、普段読まない分野だったけれど楽しめた。

おもしろく読めました。ミステリーのは「そんなの解決できるのかよ」というものが、最後には収束され、SFの話は、昔から読み慣れている(親が昔に買っていたのがあるので…)、手塚治虫や藤子不二雄のマンガを、まるっきりそのままノベライズにしたかのような感触でした。

読者

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a079342eca cdf7 4763 bb48 67386cbbd583Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797 3人

ヘレン・マクロイの本

月明かりの男

月明かりの男

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0

マシロ

積ん読が其処彼処に小山を築いてい…

ウィリング博士シリーズは刊行されたものをずっと追っているので、今回も散りばめられた伏線が収束していくラストは「待ってました!」といった所感で満足。ただ、犯人の言動で個人的に気になったところが謎解き段階で触れられなかったこと(私が見落としている情報があっただけか?)と、最後のウィリング博士の台詞にある言葉。ウィリング博士がそういう言葉選びをするだろうか?原著の言い回しを見てみたい……。

約2年前