41y6hckrbkl

オウム真理教が起こした地下鉄サリン事件から20年。あの頃、教祖・麻原彰晃の後継者としてメディアを賑わせた、ひとりの女の子を覚えているだろうか。 アーチャリ... 続き

コメント

オウム一連の事件を娘として、幹部として、人間としてありのままを綴った自叙伝 当時幼かった自分自身にとって誤解して捉えていた事実など読んでいて訂正されていきました

その他のコメント

親がやってしまったことで、自分の生活が大きく制限され、迫害され続けた彼女。
今はそれを武器に生きている。

本では伝わらないくらい辛い生活を強いられたのだろう。
ただ、それを感じるが、周りはどうすればいいのだろうと思う。
彼女は彼女にならないのが日本なんだろう。

読者

86bbc20f c5ee 4cab 8b11 3bc7cfdf22d2F11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4eB96fd855 e753 4b6c a90e 98cae29ae10b 3人

社会

追及力 権力の暴走を食い止める

追及力 権力の暴走を食い止める

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

賛否分かれる、権力者への執拗な追求を続ける望月さんの対談書。 追求の巧みさを知れる深さは感じなかったけど、これからの彼女の発言や行動に引き続き注目したいと思う。

1日前

アフリカのことわざ

アフリカのことわざ

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

タイトルの通り、アフリカのことわざを集めた本。 われわれの考え方に近いものであっても単語や言い回しがアフリカならではのものや、思いもよらない示唆を与えてくれるものなど、様々なことわざに出会える。アフリカの風土や考え方・生き方が想像できて、楽しく読めた。 気に入ったことわざをいくつか。 「バッファローに追われて木のてっぺんに登るはめになったら、景色を楽しみなさい」 「木を植えるときは一本だけではなく三本植えなさい。日よけのためと、果物のためと、美観のために」 「やかましくさえずる鳥はまったく巣作りをしません」 「好きですることが財産の大半を作る」 「心配とは想像力の誤用である」 「山と山は会うことができないが、人間は会うことができる」 「アフリカでは、老人の死とは図書館の焼失」 「ひとりでハチミツを全部食べる者は必ずお腹を痛めます」 「愚者は喋り、賢者は聞く」

5日前