51dpnr8aexl

コメント

初めは自主的にヒトラーユーゲントに入るほどナチスに心酔していた兄妹がその行動に疑問を持って、反ナチスとしての活動を活発化していく…
知らなかった。ナチス時代の子どもたちはもっともっとヒトラーを純粋に信じてしまっていたのだと思っていたけど違っていた。勇気としか言いようがない行動や態度、それを貫き通した最期を読んで涙が止まらない

読者

Icon user placeholder6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f5837676a1bd81 cf0d 4f15 ac25 a03af1c0a3eeEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794Abeb4ab9 db16 413c b42e 9a0d46ebfb1b 6人

文学

La Vie en Rose ラヴィアンローズ

La Vie en Rose ラヴィアンローズ

4d05909f 8525 4932 9825 728a0e387132

あさきち

好きな作家⇒村上春樹、江國香織、…

外の世界の男によって夫の呪縛から逃れ、もはや新しい男も必要としなくなる。そんなストーリー。 村山由佳の官能的な文章は好きで、ダブルファンタジーや花酔ひ、アダルトエデュケーションなども読んだ。 ただこの本はなんていうか… 世間にはこんな絵に描いたようなモラハラ夫も実際いるんだろうけど、私世代の感覚からしたらあまり現実味がない。 ここまでされて我慢しないでしょ普通。って感覚。 もう少し上の世代なら共感できる物語なのかもしれない。

約2時間前

遠まわりする雛

遠まわりする雛

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

古典部シリーズ四作目。 過去三作と違って、本作に「連作ミステリ」の要素は無いのだけど、「連作小説」であることの工夫は凝らされている。 収録されている七編は、古典部の春夏秋冬、一年間の出来事をつづっていく。時間の流れと共にキャラクターたちの関係性も変化していく。 特筆すべきは「省エネ主義」を標榜し続けていた、主人公奉太郎の変貌に注目かな。 ラストの「遠まわりする雛」は古典部シリーズでもっとも美しい物語の一つだろう。

1日前

Icon user placeholderIcon user placeholder51667b5a 3429 4a5d 813e ba6eed68b938 8
ごはんぐるり

ごはんぐるり

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3

S

立命館大学

きちんとした社会人を経験したことがないとあるが、それになりたくなかったのか。それについてどういう意識があるのか。旅行で、ポテトチップスとかアメリカンドッグでお腹いっぱいに。だって、食べたいねんもん。可愛いし、やっぱり普通じゃない。美味しいとは思わない機内食。でも、エコノミークラスの、きゅうきゅうに狭い座席で、となりの人に遠慮しながらたべる、ぴっちり容器に詰まったあの、機内食を、いつのまにか、全部食べてしまっている。とても共感できるけど、言われなければ気づかない。やっぱりアンテナが違うなと思った。電車から眺める景色が好き。見える景色がいつもよりのんびりしてるように見えるから。甲冑はつけない。食べることが、どこか性的な、生理的な部分と結びついてるからマナーが重視される。彼女の夢は、男子校の寮母になって自分が作った色気ないご飯をガツガツ食ってもらうこと。西加奈子さんの話の展開、展開の仕方が新しくて好きだ。たじろぐ。

1日前

2dcd5147 2627 4354 a42f 9f265bf34a79A2ba8fc1 9ee6 4d0e a2d2 ded699d7d216A45fe4bf fa02 4ee3 9620 26811d065f1c 21