51buk7fvjvl

これまでの文章術では通用しない!ウェブ時代を生き抜くための「新時代の書く技術」教えます。 続き

コメント

書いていることはまとも。ただ面白くはなかったかな?炎上の人というイメージしかないが、それが氏のプロモーションなのか?そんな気がした。途中で辞めた。

読者

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cIcon user placeholder

イケダ・ハヤトの本

まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく

まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

そもそも自分で仕事を作り出せる人は、どこに行っても生きていけるのかもしれません。ないものがないため、不自由な東京と、ないものばかりなので自由な地方。イノベーションを目指すなら移住は選択肢になりそう。 ただし、与えられる仕事に慣れてる人は、まず考え方から変えないと厳しいでしょうね。雇用がないと嘆くんでは行く意味がないので。 食べ物がおいしくて安いのは本当にうらやましい。

11か月前

3907dacf 6ac7 4fb4 9c94 b5dd2298a125805c6a6e d8dc 4d01 9c11 096b293c0681Icon user placeholder 12
年収150万円で僕らは自由に生きていく

年収150万円で僕らは自由に生きていく

28a6fa1f fabd 45f4 847f 6d05c9f02af7

Yuka

読書めも。

「あなたは社会のどんな問題を解決するために働いていますか?」 「給料が半分になってもその仕事を続けたいですか?」 この問いに答えられる社会人が、何人いるでしょうか。 「お金を稼ぐために働く時代」の終焉を説き、消費・所有することがいかに時代遅れかを主張するイケハヤさん。 年収400万円のために満員電車に乗り行きたくもない会社で飼い慣らされるよりも、年収200万円でもいいから自分が本当に価値を感じられる仕事を自由にするほうがずっといい。 納得です。 どこの内定先に行くべきか悩んでいたわたしに答えをくれました。 ありがとうございます!

約3年前