51pf3apz3nl

今日は15年前に亡くなった横山家の長男の命日。いい歳をして、現在失業中の次男・良多は、久々の帰郷に気が重い。家長としての威厳にこだわり続ける父、得意料理で... 続き

コメント

主人公たち一家が両親が住む実家にある理由で帰り、同じころに帰ってきた姉夫婦一家と両親とで一軒の家で過ごす、という小説。是枝さんの小説を今回はじめて読みましたが、人の気持ち、場の空気を滑らかに書く方だなと。しかも隙のない滑らかさというか。そして要所要所で心にグサッとくる場面、言葉が飛び出してくるという。学校を卒業して10数年以上経つ方にはこの小説の内容がかなり重たく感じる方もいるかも知れない。読み終わっても色々残る小説。主人公がハッピーなのかはわかりませんが色々心の中に残る、消えにくいものがある小説です。

読者

4e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0c285d61d6 b4e4 46ea 8b3d 21ad309a4490E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba573880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a86f1b6118 99e3 4ecd 8f52 024a284c23aa 8人

是枝裕和の本

三度目の殺人

三度目の殺人

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2017/09/11 読了 映画の予告編を見て購入。面白いんだけど、最後はスッキリせず、モヤモヤ感が残る。主人公の心の葛藤を、どうビジュアル化するんだろう。その点、興味はあるが、さて、映画館まで足を運ぶかどうか?

10か月前

Fa29322d 8c9a 4c15 895d ebe76b97d36f59b5d0d7 efdb 4f49 85bd 375a1d54ba85C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991 8
映画を撮りながら考えたこと

映画を撮りながら考えたこと

04712713 7c21 40b6 b713 e7f95ec43299

Toru Shibuya

有隣堂ビブリオバトル初代グランド…

ドキュメンタリー、ノンフィクション出身ならではの話以外で、「V6の岡田くんがこちらが指示せずともカメラフレーム内に収まる動きの演技が出来るのは、V6で踊りでは他メンバーとの位置関係を図るという英才教育訓練からだ!」的な話もかなり面白いですよ!

1年前

0dec1bd4 f928 4f32 9801 fba4b33dfd58D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe03880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8 11