41t1gtihetl

奈良・平安の世を襲った大地の動乱。それは、地震活動期にある現在の日本列島を彷彿させる。貞観地震津波、富士山噴火、南海・東海地震、阿蘇山噴火…。相次ぐ自然の... 続き

コメント

八〜九世紀に続けて起こった地震・噴火を当時の人々がどのように捉え対処したかが述べられます。当然自然科学ではなく神話によって捉えられたのであって、不遇の死を遂げた者たちの怨霊やモノノケにより大噴火が起こり、蛇の群れが川を流れ下り洪水を起こし、祟り神達が疫病や飢饉を引き起こします。怨霊を慰めるような形で災害に対応した当時の人々は愚かか。否。祖先達は神話をツールとして自然災害に真剣に向き合っていた。現代人は祖先達よりも優れた自然観を本当に持っているか。「天を蔑」して思い上がってるのではないか。

読者

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

新刊

火山で読み解く古事記の謎

火山で読み解く古事記の謎

Icon user placeholder

kao

Hi,I'm

大変興味深い古事記論でした。 神と人を主人公にした茫漠たる物語とみえていたものが、火山を軸に語られているとすれば合点がいきます。現在のように地殻変動の活発な時期であればなおさら「そうかもしれない」と思えます。

約7時間前

年代別 医学的に正しい生き方 人生の未来予測図

年代別 医学的に正しい生き方 人生の未来予測図

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

老いは避けられないが、多少なりとも遅らせる事は出来る。でも、それも限界はある。老いと闘うフェイズから、老いを受け入れるフェイズにどう移行していくのか。40代、50代、60代、70代、80代、それぞれの年代別の処方箋。 避けられない老いに対して、覚悟をした上でしっかりと対策をしていくこと。「出来なくなる」事よりも、「残された出来る」事をいかに楽しむか。 人生の折り返し地点をとうに超えたと思われ自分としてはとても興味深く読んだ。 医療の発達で、現代の日本人なら70代くらいまで、老いに抗していくことも可能かもしれない(個人差はあるが)。でも80代に入ったら覚悟を決めた方が良いよと、筆者は説いている。 いずれにしても、この先、「出来なくなる」事が増える一方であるのは間違い無いので、やりたい事は、先送りにしないで、積極的に挑戦しておきたいよね。

約8時間前

ONE PIECE 91

ONE PIECE 91

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

あらすじに書かれていた、「隠された衝撃の事実」。 その言葉を楽しみにしていたが、自分の予想を超えるようなワクワクではなく、ちょっと期待超えなかったです。 皆が揃ったのは良かったかなぁ。 ゾロが新・妖刀使うとしたら…楽しみです。

1日前

Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c0533c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d9633368cf50e6 a041 456b 916e 9f6380044ab6