512jjjrvm4l

コメント

冷戦真っ只中のソビエトの山中で、経験豊富な9人の大学生トレッカーたちが不可解な死を遂げた。リーダーの名前をとってディアトロフ峠事件と呼ばれる。
この事件はネットなんかで見るとほんとに謎だらけで、原因も雪崩や強風といった自然現象説から軍の新型兵器の実験に巻き込まれたとかいう陰謀説、さらにはUFOなどのオカルト説まで喧しいけれど、先入観なしに事件の実地に足を運び、生き残り(体調不良で途中で引き返した)に話を聞き、その原因に到達したと思われるのがこの本。
ネットで見てるだけだと不可解でも、専門家に聞いてみればありふれたことというのは多数あるが、この事件で謎とされた部分のうち、ほとんどはそんなことだった。ただ検証が足りなかっただけだったわけだ。そして、最後の最も謎とされる部分にも、科学的に妥当なで多分最終的な結論が与えられる。
アメリカ人の著者は貯金が底をつき、クレジットカードも限度額まで使ったそうで、そこは悲壮感いっぱいながら、ぶっきらぼうながら不思議に優しいロシア人たちとの交流も楽しく、上質なノンフィクション。

読者

A7833ddc c607 4bdc 8bd0 b857ec5c8d7cIcon user placeholderA0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118eIcon user placeholder5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdB21e078a 60df 41c0 b454 11921cd1e74cIcon user placeholder 12人

ノンフィクション

恋づくし - 宇野千代伝

恋づくし - 宇野千代伝

F2d341c8 ceaf 4d12 a916 0c561a19ef78

taboke

5678

尾崎士郎、梶井基次郎、東郷青児、萩原朔太郎…数多の男たちと恋した女流作家・宇野千代。艶やかなる官能の日々をたどる。『婦人公論』連載で話題騒然のフィクション「恋して、生きてー小説・宇野千代」が待望の単行本化!

約4時間前

魔法のラーメン発明物語―私の履歴書

魔法のラーメン発明物語―私の履歴書

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

ラーメン好きは多いが、この人に勝る人はいないだろう。 偉業を成し遂げた人は、やはり苦労と努力が突き抜けてる! この本から、安藤百福氏の挑戦に対する姿勢が学べ、何より文章から感じる謙虚さが成功の秘訣だったのではと思う。 しかもチキンラーメンの成功時期が48歳と知り、更に勇気をもらえた。 普段お世話になってるカップヌードルに、舌では気付かない旨味が加わった! まさに「魔法のラーメン」!

3日前

メイク・ア・ウィッシュ 夢の実現が人生を変えた

メイク・ア・ウィッシュ 夢の実現が人生を変えた

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

これは、メイク・ア・ウィッシュというボランティア団体の理事の方が書かれた、どんなボランティア活動をしているのかが記されている本です。 メイク・ア・ウィッシュは3歳から18歳までの難病と闘っている子どもたちの夢を叶えるボランティア団体です。全世界に支部があり、この本には日本支部でのお話が書かれています。 私自身がメイク・ア・ウィッシュを知ったのは小学生の頃でした。当時読んでいた「ちゃお」に、水族館でイルカの調教師になることを夢見る女の子のお話が掲載されていました。彼女はイルカと泳ぐために水泳部で毎日頑張って泳いでいました。でもある日足を痛め病院に行くと癌が発覚。彼女は片足を失ってしまい、失意のどん底に突き落とされます。彼女の友達はどうにか友人に元気を取り戻してほしくて、調べを尽くしメイク・ア・ウィッシュに彼女の夢を叶えてほしいと頼みます。「足がもとに戻らないとできない」と思い込んでいた、「イルカと一緒に泳ぎたい」という夢。それをメイク・ア・ウィッシュが一緒に叶えてあげるよと手を差し伸べ、遠くまでイルカと一緒に泳ぎに行くお話でした。 大雑把な概要ですが、幼いながらにものすごく心打たれたことを覚えています。 あれから時は流れすっかりその存在は忘れていたのですが、この度本屋さんでこの本を見つけ、懐かしくなって購入しました。 この本では著者がどうやってメイク・ア・ウィッシュと出会ったか、どんな子どもたちと出会い、どんな夢を叶え、どんなふうに生きる活力をもらってきたかが記載されています。 偽善という人もいるかもしれない。意味のないことだと言う人もいるかもしれない。それでも、やっぱり子どもには夢を持ちたければ持ってほしいし、生きている限りその夢を大事にできる人生であってほしい。 そんな思いで、アプリが開かなくてずっとコメント書いてなかったのに、ネットからでもいいから書きたくなって、こんなにズラズラ書いてしましました笑 著者は自分のことを種まきおばさんだと言います。このコメントを読んでくださる人はごく僅かだと思いますが、そんな種まきの一助になれますように。届くべき人のところへ届きますように。

9日前