Btn appstore Btn googleplay
512jjjrvm4l

コメント

もし著者が、半世紀も前の外国の山岳事故について解明を試みなかったら、この事故は間違いなく謎のままだった。遺族や捜査関係者はもちろん、本人たちでさえ、なぜ自分が死んだのかはわからなかっただろう。あらゆる学問の進歩は、より良い生活環境のためのものとばかり思っていたが、過去の無念を晴らすことにもつながる。
膨れ上がる老齢人口に伴い年金問題に頭を抱える日本社会だが、これから育つ子供たちのことも考えなければならない。子供たちの翼を折ることなく、学問にはげめるような未来であってほしい。(だいぶ着地点がずれました)

その他のコメント

冷戦真っ只中のソビエトの山中で、経験豊富な9人の大学生トレッカーたちが不可解な死を遂げた。リーダーの名前をとってディアトロフ峠事件と呼ばれる。
この事件はネットなんかで見るとほんとに謎だらけで、原因も雪崩や強風といった自然現象説から軍の新型兵器の実験に巻き込まれたとかいう陰謀説、さらにはUFOなどのオカルト説まで喧しいけれど、先入観なしに事件の実地に足を運び、生き残り(体調不良で途中で引き返した)に話を聞き、その原因に到達したと思われるのがこの本。
ネットで見てるだけだと不可解でも、専門家に聞いてみればありふれたことというのは多数あるが、この事件で謎とされた部分のうち、ほとんどはそんなことだった。ただ検証が足りなかっただけだったわけだ。そして、最後の最も謎とされる部分にも、科学的に妥当なで多分最終的な結論が与えられる。
アメリカ人の著者は貯金が底をつき、クレジットカードも限度額まで使ったそうで、そこは悲壮感いっぱいながら、ぶっきらぼうながら不思議に優しいロシア人たちとの交流も楽しく、上質なノンフィクション。

冷戦時代のソ連であった謎の遭難事故にとりつかれたアメリカの映像作家がその謎に迫った作品。冬のウラル山脈にトレッキングに出かけた大学生達9名。彼らは切り裂かれたテントから1キロほど離れたところで氷点下の雪山なのにろくに服も着ておらず靴も履いていない状態で、しかも何人かは大怪我しており一人は舌がなくなって発見された。しかも一部の遺体からは放射能が検出され、という事件で今に至るまで真相は明らかになっていない。冷戦時代の事件ということもあって西側にはあまり伝わっていなかったのだが、偶然の経緯でこの事件のことを知ったアメリカの映像作家は生まれてから一度も雪山に近づいたこともないのに真相に近づくためにロシアに渡り、事件の調査とともに雪のウラル山脈にも入る。そうした努力の甲斐もあって真相に近づくのだが…という作品。よくまとまっていて読みやすく彼が突き止めた「真相」もそれなりに説得力もあるのだけどちょっとあっさりしてるかな、というところと、もう少し検証できたのではないかな、と。コンピュータシュミレーションとかで検証できるのでは、という気もするのででこの説、きちんと検証してもらいたい。それにしても最終章はジャック・ロンドンっぽくてなかなか身に迫る怖さがあった。読物としてはかなり面白かった。

読者

84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc6562f7d9080 c35b 4b8e a300 64c7f2c54b9038451cdc e56f 4314 8344 18478af5497503cce5dd c435 48a4 bafc cf986643d7798f80e5cc f258 4902 a28b 6b47f676166b81cc5180 9be6 43d3 b4dd a8695a40bda4E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c 23人

ノンフィクション

僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう

僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

細胞生物学者であり歌人でもある永田氏による山中伸弥、羽生善治、是枝裕和、山際壽一の各氏の講演録及び対談録。 各氏の話の面白さに加え、永田氏の話題の引き出しかたのうまさが印象に残る。 間違いなく生徒・学生に読んでほしい本だが、もちろん大人にとっても非常にためになる。

19日前

670b2cc1 1fed 459a b9e8 8811fbdec590Ee52669e 1e37 45ba 943b 2d3694139ed1Icon user placeholder 14
The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅

The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb

みかんぼうや

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

「14人の時代のパイオニア達が語る原体験の旅についてのインタビュー集。それぞれがどのような旅をして、影響を受け、今のライフスタイルを創造するに至ったのかを語る。 インタビューは長くなく、非常に読みやすい。読書慣れしてない人でもブログを読む感覚で読みきれる。 旅に出たら人生が変わる、と巷でよく聞く気がするが、そんなことはないんだとインタビュアー達は語る。旅は人生を豊かにするもの、旅から帰ってきてから何ができるかで人生が変わる…。著者が語る通り、日々世の中は変わり、このルートを辿ればまず大丈夫、というルートが尽くなくなってしまった。そのような時代に生き抜き、自分の人生を楽しむことができるようになるにはどのような力が必要なのか。それを培う為の旅。人生を豊かに上げていく為の至高の回り道だと思う。

21日前

2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0c4225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35a
ゾンビでわかる神経科学

ゾンビでわかる神経科学

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

脳機能の観点からゾンビを研究した好著。なぜゾンビがあのような思考や動作をするのかなどについて丁寧な解説を展開する。それだけでなくゾンビから逃れようとする人間たちの思考や動作についても時々解説してくれるのも親切(?)。そして最後締め括りの一言…やられました。

22日前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Icon user placeholder314dff71 eaf5 42ce bd43 bab0471cad01