51k 0jjeg3l

NewsPicks Book編集長 箕輪厚介の初の著書。 ベストセラー連発! わずか1年で100万部突破! 天才編集者の革命的仕事術がここに明かされる! ... 続き

コメント

こういうトーンが流行ってるのかな?前にも読んだ、そんな気がする一冊。幻冬舎、落合陽一、ホリエモンか。彼らの「予定調和」。お腹いっぱい。(^^;;

2018年に読んだ最後の本。

この数年間でネットメディアの勢力図は大きく変わった。SEOで最適化されキーワードを散りばめただけの模倣記事が上位に食い込むことはなくなった。

そのかわり台頭してきたのは、「さよなら、おっさん」で話題になったNewspicksだ。あれはあれで、色々と言いたいことがある人は多いだろうが、2018年はまさしく、NPの飛躍の年だった。

そのNPのビジネス書は、いまや多くの書店で平積みされるようになった。前田裕二「人生の勝算」、堀江貴文「多動力」、佐藤航陽「お金2.0」、落合陽一「日本再興戦略」などなど。

彼らの本を仕掛けている編集者の箕輪厚介の自著。正直、帯に書いてある「革命的仕事術」というのはいまいちよく分からなかった。多分、「働き方改革とか言ってないで死ぬほど働け」ってことなんだろうけれど。

読後の感想は、彼が手がけた本の特典メイキングDVDって言う感じのテイスト。

凄い本に出会ったと思った。凄い人に出会ったと思った。
仕事を楽しもうと思った。
言葉の力はすごい。
色々な人がいるなぁ。負けてられないと思った。
せっかく出会ったんだから、著者のエッセンスを自分の人生にも注入しようと思う。

読者

Icon user placeholderD185170c 2f70 489b 850b b8a6813d64e6Icon user placeholder5a73270c fa4a 41aa 9fb8 a23f6dac2262Icon user placeholderD5061594 40e8 4e46 859c 9c57e2e0b35e84053041 7a2f 4422 a970 366e561cb5cf5cb785f6 75ed 4034 9872 f56c62ef2868 77人

ビジネス

会話は、とぎれていい

会話は、とぎれていい

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

題名のように、会話はとぎれていいって言われると少し楽になる。一つの章自体も短めで読みやすい。タモリさんやマツコ・デラックスさん等の話が書かれていたりするので裏話的な視点でも面白い。

7日前