51ixb517ybl

もし、あなたがよりよく生きたいと望むなら、「世の中には知らないことが無数にある」と自覚することだ。すると知的好奇心が芽生え、人生は俄然、面白くなる。自分の... 続き

コメント

自分の読書観と似てる。
人は常にかわり続けているから、座右の書ってないのかも。

その他のコメント

著者の考えを書けせるために。読書を窓口にオファー出させたのかな?と邪な見方(笑)それでも面白かった。語り起こしだとしても、正直に表現してくれてると思うと、共感は湧く。

 読んでる途中だけど、この本の内容は本好きを全力で肯定してくれるから、読書欲の沸いてくるこの季節に読むと、何だか元気になれる気がしている。
 本なんてさ…って言われる効率性、生産性、即効性が善だと謳われるこんな時代だからこそ、人とはなんぞ?と問いかけてくるような沁みる言葉が欲しくなってしまうんです。
 読書とは文学とは本とは本屋とは図書館とはと悩んでる僕にとって、何かの突破口になるような、そんな予感のする本です。僕のような本好きに是非読んでもらいたい一冊と偶然本屋で出会った喜びという感動の勢いでついポストしてしまいました。

読者

5d7f427e 0ade 4a12 b4d1 68e9fc8084e6B6760592 d86c 4e9d afd9 227d044d5f7fA3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06Icon user placeholderAc8d108e 5079 478a aed5 65d51278619916e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6eIcon user placeholderIcon user placeholder 61人

丹羽宇一郎の本