51yeiu3kvxl

秋のある日、大往生を遂げた男の通夜に親類たちが集った。子ども、孫、ひ孫たち30人あまり。一人ひとりが死に思いをめぐらせ、互いを思い、家族の記憶が広がってゆ... 続き

コメント

話の受け渡しが、絶妙で気持ちがいい
誰もが経験するであろう事、自分へ置き換え、感情移入できてしまう。
その場の空気が感じれるいい文章だった。

その他のコメント

お通夜とかって、何年ぶり!みたいな血のつながりだけの、でも、だからこそ共有できる何かがあり、知らないたくさんのことがある人たちがある日突然集まる不思議な会だとよく思います。あるあるー、という会話や光景を通して、死んでいない者である自分の日々を、さ、寝て明日も起きよう、とナチュラルに思えるすばらしい作品。

芥川賞受賞作。
登場人物が多すぎて、これは誰のこと言ってるねん?と常に考えながら読んでた。
まとまりのない文章が延々と続くのでかなりしんどい。
僕にはこの小説の良いところが全く分からなかった。
けど頭良い人や偉い先生方はこういうのが芸術や、て言うんやろな〜。僕には正直難しい。。

読者

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2Bbf0720c 5f05 432e b0af 65b9538cc1d6D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c590fa097 671e 4e31 a14c 406731ceda498e3dc1fe b2ad 42ea 9adb 907da9f82d9f5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd4e537b4e 36e0 4ad6 989e 1225fe377831F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3 21人

滝口悠生の本

愛と人生

愛と人生

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

渥美清、車寅次郎、さくら、満男、ホエールズ帽のテキ屋の息子、美保純と物語の視点は目まぐるしく変化する。虚の 中で虚を語る物語の中で美保純は常に見られている。そして美保純の存在とその尻だけがこの世の確固たる現実としてゆるぎなく存在する。 「私が二十七年前に見た美保純の尻のことを今でも忘れずに、むしろ積極的に思い出して思い出して、それがなにかであると思おうとしている。何か、というか、正直に言えば私はそれを愛情だと思いたがっている。でもそうして思い出すことが愛だとしても、はたしてそれが美保純に何をもたらすのか。そもそもその対象は、美保純なのか、美保純のお尻なのか。思い出すことと伝えること。愛の理論と実践。 だーかーらー、と言って美保純は、私にビールの缶を投げつけてきた。理論でも実践でもないの。空き缶は私の顔の横をすりぬけて背後の柱にぶつかって畳の上を転がった。話をすり替えない。ただもうお尻でいいのよ。理論も実践も捨てちゃって、お尻お尻。お尻だけ。」 p.87 「スクリーンで観たことが本当に見たことになるのなら、日本中が美保純の尻を見ていた。尻など、直接見なければ何も見たことにならない。複雑な機能を有せぬ無為の厚みと量感、そこに働く重力と張力、尻の絶えざる静かな運動と、尻を目の前にした自分の絶えざる動揺と冷静の満ち引き。」P.88~89

8か月前

Icon user placeholderF37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9
高架線

高架線

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

西武池袋線東長崎駅にある築50年家賃三万円のアパート「かたばみ荘」では住人は引っ越しの際に、自分の住んでいた部屋の次の住人を探してきて大家に斡旋する変わった習わしがある。この物語はそんなアパートでの終末期の16年を過ごした住人達によって紡がれていく。 「上り線で所沢を出て、まだところどころ畑や雑木林のある東京の市部から、列車はやがて住宅の立て込んだ練馬区に入る。窓外の景色が家々の高さを超え、線路が高架となるのは練馬駅の手前あたりで、やがて戸建の家と、低層のマンションがほとんど隙間なく並ぶ景色が遠くまで抜けて、その奥というか途中に、としまえんのバイキングやタワー状の乗り物が小さく見えた。」P3 いや、高架になっているのはもっと手前からなのでは?と思いきや物語は16年前の2001年から始まる。(西武池袋線高架複々線化は2015年に完了これにより桜台から大泉学園までが高架となった。) 冒頭「線路が高架となるのは練馬駅の手前あたり」だが16年を過ぎた物語後半では練馬駅から一駅前の中村橋を過ぎても「また電車が駅を出て、高い眺めが窓の外に見えた」となっている。しかし視点は変われど「敷き詰めたみたいに戸建の屋根が奥まで続いていた。あの全部の屋根の下に人が住んでいると思うと、気が遠くなるほどたくさんの生活だ。遠くに、遊園地が見えた。あれはとしまえんです、と歩さんが教えてくれた。」P230と車窓から眺める風景は変わらない。 繰り返しになるが西武池袋線上りの練馬付近の車窓風景は北西から秩父連山、谷原付近のガスタンク、光が丘の団地群と清掃工場の煙突、としまえん、遠くにさいたま新都心、更に遠くに日光連山、そして北東に筑波山を望むあきれるほど広大な関東平野に連なる家々とその生活は「かたばみ荘」の住人の様に続いたり途切れたりまた繋がっていくのと重なっていく。 補足 「高架線」では中村橋に住居を構える場面も出てくるのだけど、「プレーンソング」保坂和志著も中村橋が舞台だった。中村橋書店、練馬美術館、貫井図書館、やきとり川名、パン工房YOU、プロスペール、センプリチェ、西友(線路横からガード下)までとても暮らしやすい。各駅停車ならではの長閑さも。 2017年に現れた西武池袋線沿線小説。

約2年前

C7392d1f 9277 4526 8598 d4ea005f5161Bbf0720c 5f05 432e b0af 65b9538cc1d603384187 60ce 41bd 8693 20bc4d018c51 21