Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51i6i54raxl

確実に死ぬには死刑が一番だ。できるだけ多くの人を殺そう――。2008年茨城県土浦市で9人を殺傷した金川真大。「完全勝利」と言い残し13年絞首刑に。享年29... 続き

コメント

死刑になりたくて無関係の人たちを殺傷した人間のルポ。

「死刑囚は描く」という企画展を見て以来、死刑制度や死刑囚について興味があり、軽い気持ちで土曜の朝に読み始めたら、最後までページをめくる手がとまりませんでした。

死刑の是非、尊厳死について、自殺についてなど、いろいろ思うところはあったけれど、なにより「死にたい」から「死刑になりたい」に変わっていく過程があまりにもどこにでもありそうなエピソードの積み重ねだったことが恐怖でした。日常の生活の先に、犯罪被害者にも加害者にもなる可能性がひそんでます、ほんとに。

犯人が同い年なので、事件の背景ともされる将来の希望が見出せないことへの閉塞感とかすごくよくわかるし、「死にたくない」という願望の希薄さ(「死にたい」とは違う、生きていても仕方ないという諦めに近い感じ)は、正直自分も感じます。でも、自殺やましてや殺人なんて考えたこともないけれど、それって話を聞いてくれる人がまわりにいるとか、趣味があるとか、経済的に困っていないとか、そんなことのおかげなのかな、と。逆にそのバランスの一端が崩れることがこわくなりました。

個人的に好きな著書、永井均さんの「子どものための哲学対話」に犯人が影響を受けていたことも、印象的なエピソードでした。

土曜日の朝に読む本ではなかったな、、

読者

E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0

社会

記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞

記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞

8b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad0

ミズキ

福島県内公立図書館臨時職員(司書…

2011年3月11日 24歳の1人の青年が職務中に津波に攫われ、彼は還らぬ人となった。 彼は津波に攫われる直前まで、避難誘導をしていた。 彼は、福島民友新聞という地方紙の新聞記者。それも地震、津波。原発事故という三重苦に今もまだ晒されている双葉郡を含む相双(そうそう)地区と呼ばれる場所の新進気鋭の若手だった。 これは、福島民友新聞社相双地区の記者たちが直面した真実。 この書籍の存在は知っていた。いつか読みたいと思っていた。あの日の光景をきちんと知っておきたいと。発行は震災から三年後、その時はまだ、読めずにいた。あまりにも辛すぎた。心の傷は時間が治してくれる。それでも、時間が短すぎる。だが、あれから7年たった。当時小学生だった子は中学校、高校、大学へと進学し、また社会人として新たな生活をスタートさせているし、その年に生まれた子供は小学校へ入学している。それだけ年月がたっているのだ。 いまなら、読めるだろうと感じた。確かに読めた。それでもあの当時感じた恐怖や悲しみや苦しみや感謝から自然に湧き上がる涙は取められない。 フクシマは危ないとか危険とかただ漠然とした感情だけで、いまの福島を訪れたこともない、住んだこともない。原発事故後に福島が県をあげてどのように取り組みを始めたかを知りもせず、一部しか報道されないことが全てだと、だだ周りの情報に踊らされている人たちすべてに、己の恐怖や痛みと向き合いながらそれでも真実を伝えようとしている人たちがいる事を知ってもらいたい。

2日前