51gj2yregdl

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。魂抉る死者との対話、骨肉の第5巻。 続き

コメント

作者も後書きで書いてるけど、割と淡々と描かれるのがこの漫画の良さなのだが、ハヤシ君に感情移入をせざるを得ない。

追加エピソードも中々良い。

読者

9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

あずみきしの本

死役所 9巻

死役所 9巻

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

天パ太郎

特になし

盛り上がりには欠ける巻。 むしろ電子書籍はこの巻からカバー裏と作者コメントがようやく挿入。 まあ、後書きでもカバー裏がある旨が描かれてるので、ユーザーのクレームで修正したのかなぁと。 この問題は電子書籍における根深い問題だよなぁ。 でも天下の新潮社なんだから、ちゃんと対応して欲しいなぁ。

4か月前

F015f6bc 5ef7 4ed9 a040 c9ddff2c2cd69e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453Icon user placeholder
死役所 8巻

死役所 8巻

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

天パ太郎

特になし

子どもにまつわるエピソード多目の巻。 エピソードがそういう系ばかりなので抑揚に少しかけた感がある。

4か月前

死役所 7巻

死役所 7巻

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

天パ太郎

特になし

宗教ネタの加護の会がメインの巻。 メインなのだが、ほかの漫画でもあるような話ではあるので、少しインパクトに欠けるかなぁ。

4か月前